ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「J-Music LAB 2014」第二弾がインドネシア・ジャカルタで11月開催決定

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日本レコード協会は、昨年度スタートした海外向け日本音楽プロモーション事業「J-Music LAB(ジェイ・ミュージックラボ)」を、「J-LOP」の助成を受け、今年度も継続・強化して展開しているが、この第二弾となる「J-Music LAB 2014」をインドネシア・ジャカルタの人気イベント「Hai Day」にて実施することが決定した。

この「Hai Day」は現地で人気の雑誌「Hai magazine」が主催するもので、2日間でのべ約6万人もの集客を見込む大規模なイベント。日本から6組のアーティストがメインステージでパフォーマンスを行う予定だ。

出演アーティストは、11月8日に「AMIAYA」「TarO&JirO」「Dorothy Little Happy」、9日に「I DON’T LIKE MONDAYs.」「藍井エイル」「Cyntia」と、ロック・ポップス・アニメ・アイドル等、幅広いジャンルのアーティストが出演、オーディエンスに向けて日本音楽のプロモーションを行い、J-Musicのファン層の拡大を図る。

また、会場特設ブースにて日本のCD販売・ブース内イベントを行う他、「Hai magazine」を中心としたメディア露出を行う予定。

出演者コメント
AMIAYA

一年ぶりにジャカルタでライブをすることができて嬉しいです!
ジャカルタさんのみなさんはとても暖かくて、昨年のライブがとても楽しかったのを覚えています。
今回もみなさんと楽しい時間を共有できたら嬉しいです。楽しみにしていてください!

TarO&JirO
Hello guys!
We are really thrilled to come back and play “TarOJirOck” in Jakarta again. We missed you guys.
So many good memories from the last year, beautiful audiences, delicious foods and stomachaches.
We also have our new fantastic songs to show you guys. So Let’s get wild all together!
Can’t wait!

Dorothy Little Happy
今回このイベントに参加できてとても嬉しいです。インドネシアに行くのは初めてで、とっても楽しみにしています。インドネシアの皆さんに楽しんでいただけるよう頑張ります。

I DON’T LIKE MONDAYs.
リリースしたばかりのアルバム「PLAY」を持ってHai Dayに参加します!
Vo悠の兄がジャカルタ在住なのでインドネシアは第二の故郷と言っても過言ではありません。
インドネシアのみんなに会える事を楽しみにしています。

藍井エイル
8月以来のジャカルタです!今回も皆さんに楽しんで頂けるよう、そして想いが伝わるよう精一杯頑張ります!みんなで一緒に楽しみましょうっ♪

Cyntia
ジャカルタに行くのは初めての事です。
今回このイベントに参加させていただけて大変嬉しく思います!
音楽に国境はない、と言うようにジャカルタの皆様に日本の音楽にたくさん触れていただいて、楽しんで、笑顔になっていただけたら、と強く思います。
一緒に楽しみましょう!(Cyntia Vo.SAKI)

イベント情報
J-Music LAB 2014 in Hai Day
企画:一般社団法人日本レコード協会 (RIAJ)
協力:一般財団法人音楽産業・文化振興財団 (PROMIC)ほか
期間:2014年11月8日(土)・9日(日)
場所:インドネシア・ジャカルタ市 スナヤン東駐車場(イベント「Hai Day」内)
出演アーティスト:
11月8日(土) AMIAYA、TarO&JirO、Dorothy Little Happy
11月9日(日) I DON’T LIKE MONDAYs.、藍井エイル、Cyntia

関連リンク

Gelar Jepanghttp://gjui20.weebly.com/
J-Music LAB(Facebook)https://www.facebook.com/jmusiclab
Hai Dayhttp://www.haiday2014.com/
日本レコード協会http://www.riaj.or.jp/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP