ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

おつまみに凝る妻 夫は酒が進み過ぎ翌日「何食べたっけ?」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 夫婦の日常も様々だが、あらゆる夫婦のエピソードが、漫談家の綾小路きみまろにメールや手紙で続々と寄せられている。今回は寄せられたのは、ご主人(42歳)が資材メーカー勤務の奥様(46歳)から。ご主人、最近は日本酒にハマっています。

 * * *
 ビール党だった頃は、ゴボウをピーラーで削ぎ、揚げるだけの「ゴボウチップス」を「うまい!」と美味しそうに食べてくれました。でも日本酒党になってからは、つまみにも、けっこうこだわるように。それで私も、料理番組を色々チェックしたりして、手の込んだおつまみを作っています。

 たとえばミシュラン一つ星のレストランシェフ推奨の「高野豆腐ステーキ」。戻した高野豆腐をスティック状に切ってビニール袋に入れ、薄力粉と片栗粉、塩コショウを加えて混ぜ、それをニンニクとオリーブオイルの入ったフライパンで揚げ焼きし、バルサミコ酢をかけて出来上がり。夫も「いいね!」とご機嫌です。

 ところが、調子に乗るとつい飲みすぎる夫。「うまいなあ、酒が進むぞ!」と飲みまくり、悪酔いして10歳の娘に「パパとキスしよ~!」。娘が「パパ、酒臭い!」と逃げると「ああ、娘にまで嫌われてるよ! チクショー!」と絶叫……。

 そんな醜態をさらしたのに、本人は翌日全く覚えていません。私の作ったおつまみも「オレ、何食べたっけ?」。ミシュラン風で酒乱だなんて、いいかげんにして!

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
日本の「ミシュランガイド」星乱発に米紙が異議を唱える
揚げ物や味付けの鯉料理にも合う「日本酒ハイボール」の魅力
新年断酒宣言男「鹿児島では酒=焼酎」と言い張り日本酒党に

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP