ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「Droid Turbo」のマニュアルが流出、5.2インチ高解像度ディスプレイや2,100万画素カメラなどを搭載

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Motorola が米 Verizon 向けに準備しているDroidブランドの新ハイエンドモデル「Droid Turbo」の外観や一部の詳細が  Twitter ユーザー Moto Firmware より公開された流出マニュアル画像で判明しました。まず、マニュアル最初のページには「Droid Turbo」と記されているので、「Droid Turbo」が実在することは確定しました。次に、マニュアル画像によると、ディスプレイは「5.2 インチのウルトラハイディフィニション」と記されているので、WQHD 解像度を採用しているものとみられます。また、背面には 2,100 万画素カメラとデュアル LED フラッシュ、前面の操作ボタンは静電容量式で,オンスクリーンボタンではありません。このほか、Qi ワイヤレス充電に対応し、Nano SIM を採用していることも確認されました。筐体デザインは、形状は Moto X や Moto G とは異る内容です。どちらかと言えば既存の Droid シリーズに近い感じです。Source : Twitter


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC REはYouTubeライブ配信も可能
Sony Mobile、Xperia用アプリ「What’s New」を1.3.A.0.3にアップデート、検索機能が追加
Galaxy Nexusはまだまだ現役、DucatiプロセッサのドライバのアップデートでAndroid 4.4以降の動作が改善される

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP