体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

10/13付ビルボードジャパンチャートおよび9/29~10/5 RADIO ON AIR DATA発表

10/13付ビルボードジャパンチャートおよび9/29~10/5 RADIO ON AIR DATA発表

音楽サイト「Billboard-Japan.com」を運営する阪神コンテンツリンクおよびプランテックは、プランテック提供による10月13日付ビルボードジャパンチャート Hot 100、Hot Animation、国内洋楽(集計期間:2014年9月29日〜10月5日)および2014年9月29日〜10月5日のRADIO ON AIR DATAを発表した。

Sexy Zone「男 never give up」初登場首位

5形態で発売されたSexy Zone「男 never give up」が初登場で総合Billboard JAPAN HOT100首位となった。中島健人・菊池風磨・佐藤勝利の3名のみが参加する形でリリースされることが報じられ注目された今作だったが、前作「King & Queen & Joker」同様初登場首位となった。前作に比べると、セールスとルックアップのフィジカル2指標では高ポイントを引き続き獲得したものの、エアプレイとツイートではポイントを落とす結果となっている。

Sound Horizon「よだかの星」はセールスで2位、ルックアップで8位となり、総合Hot100では初登場3位となり、メジャー・デビュー10周年記念作品として上々の滑り出しとなっている。またセールス3位はμ’s「Shangri-La Shower」。こちらはルックアップ5位、ダウンロード13位と、エアプレイを除く4指標でバランス良くポイントを積み上げたが、シングル・セールスの差を埋められずに総合4位となった。

ダウンロードでは秦基博、西野カナが1位、2位となり、依然として激しいデッド・ヒートが続いている。ルックアップでも7位、3位で、こちらも好調。特に西野カナはツイッターではAKBに次いで2位と順位を上げており、まだまだ上位を維持する訴求力を保っている。

μ’s「ラブライブ!」PS Vita版主題歌で首位獲得、秦 基博は首位記録更新ならず

今週のBillboard JAPAN Hot Animationは「ラブライブ!」からμ’sの「Shangri-La Shower」が初登場首位を記録。μ’sとしては6度目のチャート制覇を果たした。

TVアニメ第2期が終了し、さらに完全新作となる劇場版の制作も発表された大ヒットコンテンツ「ラブライブ!」。今回首位を獲得した「Shangri-La Shower」は、8月28日に発売されたPS Vita専用ゲーム「ラブライブ! School idol paradise」の主題歌。パッケージで圧倒的なセールスポイントを獲得し、今回の好結果となった。

アニメチャート史上初となる8度目の首位獲得が期待された映画『STAND BY ME ドラえもん』主題歌、秦 基博の「ひまわりの約束」は惜しくも2位に。デジタル、ルックアップとポイントを積み重ねたが、一歩及ばず。本楽曲は秦 基博の“弾き語り”ベスト・アルバム「evergreen」に収録。その弾き語りバージョンのミュージック・ビデオが公開されており、主人公の女子高生役に元私立恵比寿中学の鈴木裕乃と、女優の高橋春織が出演。

3位には人気声優である諏訪部順一と鳥海浩輔によるユニット、フェロ☆メンの「抱きよせてTONIGHT」が初登場。謎の新ユニットSTA☆MENからの派生ユニットである彼ら、ヒット作「うたの☆プリンスさまっ♪」の神宮寺レン、愛島セシルを演じているという情報だけで本アニメチャート上位は約束されたようなもの。パッケージセールスのポイントで大きく順位を伸ばした。

来日間近のマジック! 「ルード★それでも僕は結婚する」が4週連続洋楽チャートNo.1

マジック!の「ルード★それでも僕は結婚する」が、Billboard JAPAN洋楽チャートにて4週連続首位に輝いた。

今夏アメリカで6週連続No.1を記録し大ブレイクを果たした、カナダ出身のマジック!。9月24日に日本デビューも果たし、引き続きエアプレイも絶好調、間近に控える来日への準備も万端といったところだ。そんな彼らから、どうしても首位の座を奪えずにいるテイラー・スウィフト「シェイク・イット・オフ」は、今週も残念ながら2位に。とはいえデジタルセールスも依然として好調をキープしており、首位奪還の可能性もまだまだ期待していいだろう。

1 2 3 4次のページ
Musicman-NETの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会