ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

専務と常務。会社法では権限に違いはある?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Q.

 専務取締役と常務取締役。

 一般的には、専務取締役の方が「偉い」わけですが、会社法上では役職による権限の違いなどはあるでしょうか?

(1)違いはない
(2)違いはある

A.

正解(1)違いはない

 会社法においては、代表取締役と、取締役の違いによって権限の違いはあります。しかしながら、専務取締役と常務取締役との間に区別はありません。
 そのため、法律上は権限は同じになります。

 ちなみに、最近よく耳にする取締役ではない「執行役員」。これは会社法では取締役には入りません(取締役として会社法規定の方法で選出されない限りは)ので、「重要な従業員」という役職に過ぎないことになります。

元記事

専務と常務。会社法では権限に違いはある?

関連情報

決議事項 ~定時株主総会の招集1~(議事録から見る会社法)
決議事項 ~連結計算書類提出の承認~(議事録から見る会社法)
決議事項 ~計算書類等の提出及び業績開示の承認2~(議事録から見る会社法)

法、納得!どっとこむの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP