ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

季節外れのダルさ「秋バテ」対策法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

暑い夏が終わり過ごしやすくなったはずなのに、なんだか体調が優れない。そんな人は、夏バテならぬ「秋バテ」になってしまっているかも?

【画像や図表を見る】

「秋になってから不調が出てくる、いわゆる『秋バテ』を訴える人が近年増加しています。疲れやだるさが抜けず、疲労感、肩の凝りなどの不調が継続している場合、『秋バテ』を疑った方がいいかもしれません」

そう教えてくれたのは、麻布ミューズクリニック名誉院長でウーマンウェルネス研究会所属医師の渡邉賀子先生。渡邉先生によると、秋バテを引き起こす原因には2種類あるそう。

ひとつ目の原因は、夏場の冷え。強い冷房で全身が冷えたり、ビールやアイスなど冷たいものの摂りすぎで、胃腸などの内臓が冷えてしまっている「内臓冷え」だ。内臓が冷えることで体全身も冷えてしまい、もともと夏の暑さにやられて体力や食欲が低下していた「夏バテ」状態が長期化・深刻化。秋になっても疲れやダルさの体調不良などが続くのだとか。

一方ふたつ目の原因は、激しい気温の変化による「自律神経の乱れ」。秋は昼間と朝夕の気温差が大きく、この温度差に適応できずに自律神経のバランスが乱れることが多い。また、夏のあいだに冷房の効いた部屋にいることが多かった人や、猛暑の中を外出した後にキンキンに冷えた室内に入るなど、温度の差が激しい状況に身を置くことが多かった人は要注意だ。

やはり、夏のあいだの生活習慣が秋バテに影響しているみたい。では、秋バテの症状を軽くするためにはどうすればいいの?

「秋バテの原因はふたつとも、体の冷やし過ぎや自律神経のアンバランスで、血のめぐりが悪くなっていることです。体を温めてリラックスし、血流を改善することがポイントです」

体を温めてリラックスするのに有効なのは、なんといっても入浴。38~40℃のぬるめのお湯にゆっくり浸かることで、収縮していた末端血管が開き、血流が改善される。渡邉先生が特にオススメするのは、炭酸ガス入りの入浴剤を入れた「炭酸入浴」。炭酸ガスの効果でぬるめのお湯でも血流が改善し、火照らずにさっぱり入浴できる。体が温まっている間に軽いストレッチや深呼吸を行えば、心身ともにほぐれて、疲労回復にも効果的。

さらに、就寝前にゆったりリラックスするのも秋バテには効果的。副交感神経が優位になり、熟睡にも繋がるという。ラベンダーやゼラニウムなどリラックス効果のある香りをかいだり、蒸気が出るタイプのアイマスクなどで疲れた目と目元を温めると、緊張がうまく和らぐそう。また、カモミールなどのハーブティーや少量のアルコールもおススメとのこと。

食欲の秋、スポーツの秋、行楽の秋など、気候の良いこの季節に秋バテしていてはもったいない。しっかり体を温めて、アクティブな秋にしよう!
(有栖川匠)

【取材協力】
「ウェルラボ」
ウーマンウェルネス研究会が運営する「ウェルラボ」では、知っておきたい健康の基礎知識や不調への対応策など、心身の健康に役立つ情報を発信中。女性だけではなく男性にも役立つ情報も満載
(R25編集部)

季節外れのダルさ「秋バテ」対策法はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

「睡眠の秋」の過ごし方
疲れた体には甘いものが効く?
春になると気持ちが不安定になる?
冬に増える“むくみ”にご用心
各エナジードリンク違いはあるの?

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP