ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ジーター 2週間誕生日が早い松井秀喜を「トシヨリ」と呼ぶ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 2003年から今年までの12年間にわたってヤンキースのキャプテン(第11代)を務めたデレク・ジーターだが、これは球団の歴史を通じて最長。そんなジーターは、かつてヤンキースに所属していた松井秀喜氏と特に仲が良い。ヤンキースがワールドチャンピオンになった翌年には、エンゼルスに移籍していた松井氏に、チャンピオンリングを渡すプレゼンター役を自ら買って出ている。

 松井氏が教えた日本語の中でのお気に入りは「トシヨリ(年寄り)」で、誕生日がジーターより2週間だけ早い松井のことを、いつも「トシヨリ」と呼んでからかっていた。

「先月8日には日本メディア向けの記者会見が開かれたのですが、そこで引退の理由を聞かれた時にも、『自分のことはトシヨリとは感じていない。マツイは僕よりもトシヨリだけど』と笑っていました。よほどトシヨリという言葉がお気に入りなのは伝わりました(笑い)」(在米スポーツジャーナリスト)

 1998年からの3連覇を含むWシリーズ制覇5回。ヤンキース黄金時代を支えたジョー・トーリ前監督のほか、ポサダ、バーニー・ウィリアムスらが、引退セレモニーに顔をそろえた。

「生え抜きヤンキーの最後がジーター。これでヤンキースの黄金時代も終わり、凋落が始まるのかもしれません」(MLB評論家の福島良一氏)

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
田中将大が成功する秘訣「いい枕と布団さ」とジーターが語る
NYで野球選手は私服に注意 松井秀喜に「スナイパー」との揶揄
ヤンキース・ジーター「松井に仕事与えられぬのはMLBの恥」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP