ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【著者に訊け】太川陽介 初著作『ルイルイ仕切り術』を語る

DATE:
  • ガジェット通信を≫

【著者プロフィール】太川陽介氏/『ルイルイ仕切り術』/小学館/1200円+税

 最早これは旅番組ではなかろう。前途多難の迫真人間ドキュメンタリーである。2007年の初放送以来、既にシリーズ18弾を数えるテレビ東京系『ローカル路線バス乗り継ぎの旅』──。

「リーダー」こと太川陽介氏と、ひたすらマイペースな蛭子能収氏、さらに毎回入れ替わる「マドンナ」が起点と終点を直前に示され、路線バスだけを乗り継いでゴールをめざす3人旅は、相次ぐハプニングやリアルな人間模様が面白く、毎回高視聴率を記録している。

 初著書『ルイルイ仕切り術』では、〈蛭子さん級にイライラする人に対処する〉方法等、〈仕切っていないのに、なぜか緻密に計算して仕切ったように物事がうまく運ぶ〉奥義を公開する一方、浮沈激しい芸能界で生き残ってきた太川氏の譲れない流儀も紹介されている。

 表題は太川氏最大のヒット曲『Lui-Lui』(1977年)に由来。当時NHKの歌番組『レッツゴーヤング』では太川氏ら「サンデーズ」の各メンバーに都倉俊一氏が新曲を作るコーナーがあり、明るい曲調と眩しいまでの笑顔、そして「ルイルイ!」の決めポーズが話題となり、「ルイルイ、やって~」と、今でも55歳の元アイドルに求めるファンは多いとか。

「本当に有り難い話ですよね。でも僕は結局、アイドル歌手には向いていなかったんです。オーディションも当時憧れの桜田淳子ちゃんに会えると思ったから受けただけで、歌が巧いわけでも何でもなかった。

 その後は『レッツゴーヤング』の司会を7年でやめ、しばらくは全く仕事のない〈ひきこもり〉時代も経て、1989年の『ANYTHING GOES』で舞台の仕事に出会うんですが、別に僕に才能があったとかじゃない。

 今のリーダー役も僕は地図が得意でも何でもないのに、蛭子さんが調べてくれないから、消去法で僕が調べているだけなんです(笑い)。ただし、あのバス旅だけはガチで演出不在というか、ルート選びも宿泊先も全部僕たち出演者が考えて決めていくんです。

 それまでのテレビの常識では、ここはカメラが回ってないから車でいいでしょ、ってなるところを、この番組のスタッフはそれじゃ面白くないっていっさい馴れ合いを拒否したんです(笑い)」

 計18回の中には期限内にゴールできなかった回もあり、結果は13勝5敗。が、同番組は勝敗より“過程が重要”を地でゆき、スタッフも〈想定外〉のルートを地図と旅先での出会いだけを頼りに〈人力〉で発見するなど、ある意味、人生の縮図そのものだ。

 その間、地図と終始にらめっこのリーダーをよそに、バスの中で寝息すら立てる蛭子氏や、そんな2人にハラハラするマドンナの様子も可笑しく、責任感の人・太川氏も時にはブチ切れる。

 例えば地図を片時も離さない太川氏を労うマドンナに、蛭子氏は要らぬ一言を放つ。〈あ、太川さんは心配性だから〉。または太川氏がある重要なバス停の名前を失念してしまった時のこと。〈エ~!! メモしてなかったの? 信じられない、リーダーなのにさっ!!〉と、どこまでも軽く、他人の失敗には率直な蛭子サンなのである。

「カチンとくるでしょ~。自分では何もしないくせに、人のミスはここぞとばかりネチネチついてくるんです。僕なんか彼に何か言われるのが嫌だから、もう二度と間違わないぞって!(笑い)

 とにかく僕は全員が無事ゴールすることと、面白い映像が撮れることに力を注いでいて、独断で決めざるを得ない緊急事態を除けば、みんなが〈納得〉した上で旅を続けるようにしている。それはどこの組織も同じだと思うんです。僕はリーダーというより調整役で、各々の意見と状況とを俯瞰した上で決めるべきは決め、説得すべきは説得する」

 ネットも携帯も一切禁止の正真正銘のガチ旅を、一切のズルもなく続けてきた太川氏は説く。〈ボクはウソっていうのは一番ダメなことだと思うんです。社会でも、友人関係でもウソをつくと、そこから必ずなにかほころびが出てくる〉と。そんな正論を正面切って書く彼の、どんな仕事にも全力で取り組む生真面目な姿勢が本書でも印象的だ。

「僕は10代の頃からずっと崖っぷちを歩いてきた気分なんです。この芸能界の厳しさを知るからこそ、芝居でもワンミスが命取りだと思ってやってきたし、いただいた仕事は全力でやるクセが身に着いたんだと思う。

 でも努力は見せない方がカッコいいんだって、やっと30過ぎて思えるようになった。もちろん芝居も旅番組も精一杯やるんですが、それこそ人事を尽くしていると必ず神様が降りてくる! どうして? と疑うような偶然がバス旅でも起きるんです。そんな時です、適当に流して生きるんじゃなくて全力で挑んでよかった、と感じるのは……」

 特に仕切るつもりもないまま場を仕切り、目の前の仕事を懸命にこなすうち、いつしか名リーダーの評価を得た太川氏。だが、4日間、ずっと一緒の旅を想像してほしいと氏はつぶやく。

「とにかく4日間ず~っと一緒ですからね。早朝から深夜まで……。そんな旅、ふつう、夫婦や親子でもないでしょ。だから人間の本性がそのまんま出ちゃう。魔の3日目はその生々しさも含めて魔の3日目(笑い)」

〈仲がいい〉と〈馴れ馴れしい〉は違うと彼は言い、互いを理解しながらも無闇に馴れ合わない絶妙の距離感こそが、彼らの旅を面白くする秘訣なのだろう。

【著者プロフィール】太川陽介(たがわ・ようすけ):1959年京都府生まれ。府立峰山高校2年の時、桜田淳子主演映画の相手役に応募し、1976年『陽だまりの中で』で歌手デビュー。翌年『レッツゴーヤング』レギュラーとなり、『Lui-Lui』が大ヒット。1979年から司会を務め、『ぼくの姉さん』『熱中時代』等俳優としても活動。1989年には宮本亜門演出のミュージカル『ANYTHING GOES』に出演、内外で評価され、その後も16年間出演する『細雪』等、舞台や旅番組で活躍。171cm、62kg、A型。

(構成/橋本紀子)

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
太川陽介 バスの旅で最もイライラした蛭子能収の言動を告白
『路線バスの旅』の「魔の3日目」のジンクスを太川陽介解説
太川陽介 旅先でトンカツ食べる蛭子能収を見て「いいなァ」

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP