ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ヤクルト・つば九郎の退任する小川監督へのコメントが泣けると話題に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ヤクルト・つば九郎の退任する小川監督へのコメントが泣けると話題に

プロ野球はCS突入を前にして、進出が叶わなかった球団では、早くも来シーズンに向かって、選手への戦力外通告や首脳陣の入れ替えが行われるなど、今シーズン限りでチームを離れる人々に関する報道が毎日のようにスーポーツ紙上を賑わせている。
そんな中、今年4年目のシーズンを終え、退任を発表したばかりの東京ヤクルトスワローズの小川淳司監督(57)に、同球団のマスコット・つば九郎から寄せられたコメントが、「あまりに泣ける」と話題となっている。

そのコメントはつば九郎の公式ブログで、10月8付で公開された「きみがいるだけで。」というタイトルの記事。「じゅんじさんへ。だいすきなじゅんじさん。かんとくとしての4ねんかん、おつかれさまでした。」という言葉から始まるこの投稿は、小川監督との想い出と、つば九郎なりの感謝の言葉が凝縮されたもの。そのため、これを見たネット上の人々の琴線に触れ、多くの涙を誘っている。

「泣ける ええ文章やね」
「不覚にも泣きそうになった グッとこみ上げてくるものがあった 」
「畜ペンなんて言ってごめんなさい じゅんじゃ監督ありがとう 」
「これはぐう聖つばめつば九朗」
「これは聖ペン」
「つば九郎は根はいいやつ」
「涙不可避」
「ぐう泣ける」

チームの調子や成績にかかわらず、いつでも選手や監督の傍に寄り添い、明るく元気なパフォーマンスを披露して、多くの観客たちを魅了し続けているつば九郎。今季、チームを去る選手や監督、コーチたちが果たせなかった優勝への想いを胸に、来季も元気いっぱいの笑顔で活躍してくれることに期待したい。

【参照リンク】
・きみがいるだけで。つば九郎オフィシャルブログ「つば九郎ひと言日記」Powered by Ameba
http://ameblo.jp/2896-blog/entry-11932386908.html
Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。