ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

マルーン5の「グロ美しい」新作ビデオはニルヴァーナ「スメルズ・ライク~」の監督!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

マルーン5の「グロ美しい」新作ビデオはニルヴァーナ「スメルズ・ライク~」の監督!

マルーン5の最新ビデオ「アニマルズ」。9月末に公開され現在まで1700万再生と好調だが、この作品を手がけた映像作家サミュエル・ベイヤー監督といえば、ニルヴァーナの名MVを手がけたことで知られる。90年代から傑作ビデオを制作し続けているベイヤー作品から彼の名作を紹介したいと思う。

1、Maroon 5「Animals」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=qpgTC9MDx1o

ストーカー男が生肉の前で血を塗りたくったり、血の雨が降り注ぐ衝撃的なシーンなど、前作に続きMVではグロテスク路線のマルーン5だが、この映像を手がけたサミュエル・ベイヤー監督は90年代から名作MVを量産してきた。最も有名なのは、一斉を風靡したニルヴァーナの「スメルズ・ライク・ティーン・スピリット」だろう

2、Nirvana「Smells Like Teen Spirit」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=hTWKbfoikeg

1990年代のミュージックビデオの一つの方向づけを決めた作品。密室のダスティな雰囲気とモッシュシーンなど音楽の世界観、チアガールという全く違う要素を加えたギャップ。
特にボケとスローモーションやフラッシュ風のライティングの多様など、その後影響を受けたりパクった作品が多数。

3、Blind Melon「No Rain」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=qmVn6b7DdpA

「スメルズ~」の密室から野外へ、90年代もう一つの傑作ビデオ。芝生の緑とイメージカラーの黄色など鮮やかな色使いも美しい。

4、The Cranberries「Zombie」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=6Ejga4kJUts

アイルランドの民族紛争を扱った曲。モノトーンと鮮烈な色彩を使い分けて物々しさを表現。

5、Green Day: 「Boulevard Of Broken Dreams」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=Soa3gO7tL-c

クロマキー合成とエフェクトノイズで一見するとショボイ作りにも関わらず、アップとぼかし効果など、ベイヤー監督の真骨頂といえる作りのMV。

6、My Chemical Romance「Welcome to the Black Parade」
【動画】https://www.youtube.com/watch?v=kDWgsQhbaqU

生死を彷徨う男がみたガイコツやゾンビたちの行進。昔のホラー映画風のチープな作りの中に曲の疾走感がマッチしている。

マルーン5の「アニマルズ」も、これまで紹介したビデオのようなベイヤー節が随所に感じられる作風となっている。彼独特の映像美に注目しながら見るのも、この最新PVのもう一つの楽しみ方である。Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ 動画 タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。