体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

なぜ日本人にあいさつは必要なのか

pikarrrのブログ

今回はpikarrrさんのブログ『pikarrrのブログ』からご寄稿いただきました。

なぜ日本人にあいさつは必要なのか

あいさつしてる奴ってなんなの?『2ちゃんねる』より引用
http://academy6.2ch.net/test/read.cgi/philo/1262987885/
あいさつってのは自分に利益をもたらしてくれそうな相手、もしくは危害を加えてきそうな相手に対する点数稼ぎでありゴマスリにすぎない。

日本語はハイコンテクストな言語
英語など欧米言語と比較して日本語の特徴は主語が省略されることだ。言語学的にこの特徴は“場の共有”によると言われる。同じ場を共有していることが当然の前提とされているために主語を付ける必要がない。すなわち日本語はハイコンテクストな言語と言うわけだ。たとえば主語を付ける場合にも、“I”に対して、“私、オレ、ボク”など、場によって使い分けがなされるのも、コンテクスト重視の傾向だろう。さらに日本人のハイコンテクストを究極的に表すのが俳句だろう。俳句が伝えるのは当然、コンスタティブ(事実確認的)な意味ではなく、レトリカル(修辞的)な意味である。しかし単に言語学的なレトリックに収まりきれない世界観の伝達である。五七五の文字でなぜに世界観まで伝達しえるのか。いかに高いコンテクストの共有が前提とされているかわかる。

だから逆に日本人にすると、いちいち主語をつける西洋人の方が不思議である。コンテクストに関係なくだれに対しても“I“と主張する。彼らは空気を読まないのだろうか。しかしこのような個人主義的な“”からの切断力がなければいまのような科学技術も資本主義も民主主義もなかったのだろう。そして現代の日本語は明治以降の近代化で大きく変わった。西洋文化輸入と共に西洋語の翻訳的な言葉として“国語“が生まれた。この傾向は西洋の個人主義の導入によって日本人のハイコンテクストが解体されたというよりも、国民(ナショナリティ)を想起することで、特に日本においては集団主義によってハイコンテクストを強化した面が強いだろう。それが特に資本主義経済の生産性向上にも大きく貢献した。

なぜ日本人にあいさつは必要か
海外ではあいさつしない文化は多い。日本人のあいさつに関して言えば、ハイコンテクストな“いわずもがな”な社会だから、ぶっちゃけ省略しててもよいだろう。たとえば家族など身近では省略されてる場合が多い。しかしこれを社会全般に展開すると、“なあなあの甘え“が反乱して社会秩序を維持することがむずかしい。だから日本人はハイコンテクスト社会の“なあなあの甘え“へ落ち込みやすい傾向を、習慣の儀礼化によって抑止し、社会秩序を維持してきた。日本人がいまも形式的儀礼社会であるのはこのためだ。

これに対して、「もうあいさついらないだろう」とは、儀礼なくても社会秩序は保てるだろうということを意味する。なにによってか。資本主義的な経済的合理性によってである。いまの日本は経済的に成功し、経済的な合理性によって社会秩序が維持されている面が高い。ようするに「礼儀とかいうな、結果を出せばいいんだろ」ってことが、あいさつを疑う可能性を生んでいる。しかしこのような素朴な懐疑に、経済的合理性による問題が考慮されているか疑問である。経済的な秩序とは個人主義的自由競争社会である。だから結果が出なければ切られる。問題は結果をだしつづけられるのか、ということだ。反抗期はいいんだろうが、長い社会生活では経済的な合理性だけでは生きてはいけない。

さらに現代日本の経済的な成功は、日本人のハイコンテクストな形式的儀礼による規律・勤勉さと切り離せないだろう。だからハイコンテクストな日本で生きるには、経済的に成功する場合にも失敗した場合にも儀礼的な秩序を重視することは幸福にかなっている。
あいさつせず周りを不快にするぐらいなら、早めに海外に行くことをお勧めする。

*********
日本語の多くの文で主語としての「私」が要らないのは、「私」を音にする必要がないから、ということがここまででわかった。……月が出ている夜空を見ている二人がいて、そのうちの一人が言うとすれば「月が見える」である。「私は月が見える」は不自然である。これは、夜空を見ているという状況を二人が共有しているので、わざわざ「私は月が見える」と言わないのである。

日本語では、共同注視という認知状態から発話という言語状態に連続的に移れるので、わざわざ「私」という必要がないと言える。これに対して、英語では、共同注視という認知状態から、発話という言語状態に連続的に移れないので、わざわざ”I”と言わなければならないのである。

日本人は、認知的主体と言語的主体の連続性が大きく、認知的な部分と言語的な部分がなめらかに統合されている。これを言い換えれば、日本人の心は状況や環境に埋め込まれて度合いが大きいので、言葉で補う度合いが少なくてすむ、とも言える。

これに対して、イギリス人は認知的主体と言語的主体の連続性が小さく、認知的な部分と言語的な部分があまりなめらかに統合されていない。言い換えれば、イギリス人の心は状況や環境に埋め込まれている度合いが小さいので、言葉で補う度合いが大きくなるともいえる。
*********
『日本人の脳に主語はいらない』月本洋著 講談社 P201-204より引用
http://shop.kodansha.jp/bc2_bc/search_view.jsp?b=2584107

*********
日本語には非常に多くの一人称がある。私、わたくし、あたし、あたい、自分、僕、おれ、われ、わし、吾輩(わがはい)、拙者……。自分のことをどんな言葉で言うかは、その人の社会的立場や、その発話をする状況したいである。……日本語の「私」という言葉も、すでに社会的な色彩を帯びた言葉になっているのだろう。

「日本語の世界での自分という人は、相手という存在が作ってくれるひとつひとつの関係のなかでの、自分と相手とのあいだにある上下の位置関係を細かく計って確認し、そのような関係のなかでの話が交わされることをも確認した上で、その範囲内でのみ相手と話を交わしていく。(片岡)」

1 2次のページ
寄稿の記事一覧をみる

記者:

ガジェット通信はデジタルガジェット情報・ライフスタイル提案等を提供するウェブ媒体です。シリアスさを排除し、ジョークを交えながら肩の力を抜いて楽しんでいただけるやわらかニュースサイトを目指しています。 こちらのアカウントから記事の寄稿依頼をさせていただいております。

TwitterID: getnews_kiko

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。