ガジェット通信 GetNews

見たことのないものを見に行こう

プロスケーター・現代美術家のマーク・ゴンザレスが待望の来日! 『BOOKMARC』にて最新刊のサイン会を開催!

DATE:
  • ガジェット通信 GetNewsを≫
Gonz_release4_BlackFrame

ニューヨーク発ファッションブランド「マーク ジェイコブス」が手掛けるブックストアBOOKMARC (ブックマーク)にて、プロスケーター・現代美術家であるマーク・ゴンザレスの作品集『Non-Stop Poetry: The Zines of Mark Gonzales』のサイン会を開催!

90 年代以降のストリート・カルチャーを牽引したプロスケーターにして、現代美術家でもあるマーク・ゴンザレス(Mark Gonzales)。

アートブック『Non-Stop Poetry: The Zines of Mark Gonzales』は、彼が過去 20 年に渡り創作し続けてきた ZINE をコンプリートしたもの。400 ページを超える内容は 92 年から今日までの彼が作ってきた ZINE が徹底網羅されている。

2000 年代以降注目される ZINE カルチャーの先駆けとして、 当時まだパンク・バンドの FANZINE が主流だった時代から、セルフパブリッシングのアート作品集としての ZINE を精力的に発表してきた。ハンドメイド故に少部数の ZINE は限られたセレクトショップにしか並ばない事でアート・コレクターからも注目されている。

このドローイング、ポエム、写真が繰り広げる無邪気 でシニカルな“マーク・ワールド”の ZINE は、まるで誰も見たことのないトリックを生み出すかのように自 由に、子供の絵のように豊かな表現力と色彩溢れている。それはコミカルであると同時に深い洞察力に満ち、 深い精神性と剃刀のようなウィットに富んでいるのだ。2014 年 9 月 26 日にブルックリンで開催された NY ART BOOK FAIR 2014 で初お披露目されて話題をさらった世界 2000 部限定の最新アートブックだ。

生きるレジェンドとその生き様を目に焼き付けるべく、BOOKMARCに足を運ぶべし!

サイン会: 2014 年 10 月 15 日(水) 18:00~
場所:BOOKAMRC (ブックマーク) 東京都渋谷区神宮前 4-26-14 1F

注意事項
・ サインの対象は当日ブックマークにてお買い上げいただく『Non-Stop Poetry: The Zines of Mark Gonzales』および同著者による作品を ご購入いただいた方に限らせていただきます。対象書籍以外へのサインはご遠慮 くださいませ。
・ 当日の混雑状況により、順番待ちの時間が長くなることがございます。あらかじめご承知おきください。
・ 天災などの不測の事態により、イベントを中止する場合がございます。

Mark Gonzales『Non-Stop Poetry: The Zines of Mark Gonzales』
出版社:Printed Matter, Inc.
2014 年刊/ソフトカバー/カラー
3,700 円(税抜)

MARK GONZALES
マーク・ゴンザレスはカリフォルニア州ロサンゼルス出身の現代美術家。
自身が手掛ける krooked Skateboarding をはじめに Spitfire Wheels, Independent Truck Company, Fourstar Clothing, adidas といった数々のスケートボード・ブランドからスポンサーを受ける世界で最も有名なプロスケーターでもある。

キース・ヘリング、ジャン=ミシェル・バスキア、アンディー・ウォーホルといった巨人たち亡き後の NY ストリートアートにおける最重要人物として、90 年代以降その動向が注目を集める。ハーモニー・コリンの映画『ガンモ』(97)への出演、ソフィア・コッポラの映画『ヴァージン・スーサイズ』(‘99)への絵の提供、短編映 画『How They Get There』のためのスパイク・ジョーンズとの共同脚本など映画への関連も多い。

現代美術家 として高い評価を得る彼は、世界中で展覧会を開催。1999 年にはリーバイスがスポンサーとなり、5 都市(ロンドン、パリ、ベルリン、ニューヨーク、東京)を回る展覧会ツアーを皮切りに、2001 年にはボルドー現代美術館で特別展、ノルウェーとオランダでは個展が行われた。

2009 年には東京・白金台の THE LAST GALLERY にて個展『INVITATION』、そして2014年10月12日から東京・原宿 GALLERYTARGETにて個展「BABYDON’TMIND」 を開催。

問: マーク ジェイコブス カスタマーセンター 03-4335-1711

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。