ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『ピエリ守山』の公式キャラ、自虐ネタでTwitter開始するもキャラ定まらず迷走中

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 生きる廃墟として有名になった、滋賀県守山市にあるショッピングモール『ピエリ守山』。

 2008年に約200店舗のテナントを抱えオープンするも、近隣に競合店がオープンた影響により次第に客足が減少、さらには出て行くテナントが増え、2013年年末にはテナント4店にまで激減していた。
人通りもまばらで閑散とした施設……ネット上で“生きる廃墟”と囁かれるようになり、その動向は常に違う意味で注目を集めてきた。

【関連:四国・徳島の「廃墟」っぽい名物喫茶店『大菩薩峠』が話題】

 その『ピエリ守山』が今年12月にリニューアルを行う。先駆け10月6日から、公式キャラクターの「アユちゃん」と「ナズマ船長」がTwitterを開始した。

 アユちゃんのハンドルネームは「アユ@脱・廃キャラ活動中」と廃墟ネタに絡めた自虐風。またキャッチコピーも「もう廃墟とは言わせない」となっている。
そしてナズマ船長の方はというと、なりすましを意識し「ナズマ@ワシがホンモノ」で、キャッチコピーは特に掲載はされていない。

 キャラクター設定については、まだ定まっていないらしく、アユちゃんの発言には「うわ!ツタヤ返すの忘れてた!」という中の人の素っぽい声や、「コンプレックス再結成のときの吉川晃司さんのダンスを練習中でーす!早くみなさまに披露した~い!」など誰が求めるのか分からない吉川ダンスをアピールするなど迷走中。

 なお、開始から3日目(記事執筆時点)の二人のフォロワー数はというと?公式サイトからリンクされているものの、アユちゃん2900、ナズマ船長590とやや苦戦ぎみとなっている。

参考:
アユちゃん(Twitter:@ayu_pieri
ナズマ船長(Twitter:@nazuma_pieri
ピエリ守山(公式サイト:http://pieri.sc/

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP