ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

もんじゃ焼きとチャーシュー麺の見事な融合! 川越シェフ「みそがいいね」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

9月24日放送の「お願い!ランキング」(テレビ朝日系、月~木曜深夜0時50分)で、お笑いコンビ「オードリー」の若林正恭さん、春日俊彰さん、料理人の川越達也さんが「もんじゃ ひめぜん」(東京都中央区)を訪れた。

 同店は、18歳から有名店で修業した店長が2014年4月に開いたばかり。牛スジやイカスミが入りコクのある「黒カレーもんじゃ」や、ピリッと辛くお酒に合う「麻婆なすもんじゃ」など一風変わった絶品もんじゃがそろう。中でも、もんじゃ焼きとチャーシュー麺を組み合わせた「チャーシュー麺もんじゃ」が話題だ。2日かけて手作りしたチャーシューは味が染み込み、もんじゃとの相性も抜群。もっちりした食感を出すため、コシの強いちゃんぽん麺を使い、味付けにはソースのほか、みそを入れる。

 川越さんは早速焼き上がりを味わい「うぉーっ! うまい! みそがいいね!」と驚きながらコメント。若林さんは「これうまい。やっぱりチャーシューの味が染み込んでるから、うまみが強いし」と満足げに語った。また、春日さんは店長の気さくなキャラクターを引き合いに出し、「麺もいいね。こんなにふざけた男(店長)が作る料理とは思えない!」と周囲の笑いを誘った。

■話題のお店に追加取材■
「もんじゃ ひめぜん」は、多彩なバリエーションが楽しいもんじゃ店。番組で放送されていたメニューのほかにも、「バジルチーズつみれ」(1180円 税抜き)や「麻婆豆腐」(1080円 税抜き)など、他店にはない珍しいもんじゃが食べられる。中でも、店長・藤本さんのおすすめが、ノーマルな「もんじゃ(天)」(670円 税込み)に、アボカドと生エビとチーズをトッピングした食べ方。とろとろに溶けたチーズが、濃厚なアボカドや新鮮な生エビと相性よくマッチしており、おこげがあとをひく洋風の味だ。同店で使用する海鮮類の多くは築地から仕入れており、シーフード系のもんじゃやお好み焼き、鉄板焼きも美味なのでぜひ試してみよう。

それにしても、こんなに楽しくておいしいもんじゃの数々をどのように思いつくのだろうか。「ふらりと飲食店に入ったときや、旅行先で散歩しているときなど、何でもない、ふとした瞬間に思いつきます。いつもお店のことを考えているので、いろいろな場所や食べ物にインスピレーションを受けるんです」と藤本さん。これからもオリジナリティあふれるもんじゃが登場しそうだ。

テーブル席と座敷席があり、いつも活気づいている店内は、仲間内でわいわい盛り上がるのにピッタリの空間。藤本さんのアイデアが光るメニューをぜひ味わってみてほしい。

※当記事は本放送当時の情報に基づき作成しております。本文中のメニュー名や価格等は変更されている場合がございますのでご了承ください。

関連記事リンク(外部サイト)

ニュースのお店を見る:もんじゃ ひめぜん (ぐるなび)のお店紹介
周辺のお店を見る:月島のお店紹介
同じジャンルのお店を見る:和食のお店紹介
ぐるなび検索:月島×和食のお店一覧
岸本セシルが沖縄の行きつけ店で、いつも頼むステーキ300グラムを完食
富山ならではの新鮮なネタの数々を味わうことができる人気の回転寿司店

テレビに出たお店ニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP