ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

【アメリカ】大手ホテルが利用客のWi-Fi通信を妨害か?その理由とは

DATE:
  • ガジェット通信を≫

CNNなどが伝えたところによると、米大手ホテルのマリオットが、利用客のWi-Fi通信を妨害していたことが明らかとなり、FCC(米連邦通信委員会)が同社に対し、60万ドル(約6600万円)の罰金を支払うことを命じたことが明らかとなった。同社はFCCからの勧告に対し、同意しているという。

調べによると、マリオット側はテネシー州にある系列の施設において、自社が提供する有料のWi-Fiシステムを使わせる目的で、顧客らが個人で使用している無線LANの通信を妨害し、客たちから最大で1000ドルもの高額の利用料を不正に受け取っていたという。しかしその後、こうした客たちからのクレームで事態が明らかとなり、FCC側が調査したところ、マリオットのスタッフがWi-Fiの監視システムを駆使し、客の通信を妨害していたことが判明した。

その後、FCCからの指摘を受け、罰金の支払いに一応は応じた形のマリオットであるが、10月3日に発表した声明では、自社のサービスを顧客に提供することで「個人情報の流出やサイバー攻撃から身を守れる」などと、今回の「妨害工作」があくまで合法的な対応であったと主張するなど、なんとも不可解な持論を展開している。

こうした工作は、素人目にはわかりづらいことであるため、既に、我々の日常生活のなかでも、何らかの妨害は行われている可能性は否定できない。世界中の至るところでWi-Fi利用者が激増している昨今、こうした「見えない妨害」に対して、今後は国際的な取り組みが求められそうな気配だ。

文・今岡憲広

■参照リンク
Mariott
http://www.marriott.com/default.miPermalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP