ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

明治時代に大ブームだった「幻の果実」が全国流通で完全復活するらしい

DATE:
  • ガジェット通信を≫

かつて、日本にもたらされたとき、多くの人々が驚きの眼差しで見守っていた「幻の果実」が、時を経て、ようやく全国の食卓にも並ぶように…先頃、そんな夢のある話題が飛び込んできた。静岡新聞などが伝えている。

その「幻の果実」とは、北米原産の「ポポー」と呼ばれるもの。この「ポポー」は、バンレイシ科に属する落葉高木で、明治期に日本へとたらされると、その見た目や濃厚な味などから「アケビガキ」などの通称で呼ばれ、一時的には全国的なブームとなっていた。しかし、原産地の生育環境と、日本のそれがマッチングしなかったためなのか、これまで大量に栽培されることはほとんどなく、昭和初期のブームが過ぎた後は、一部で育てる者もあったというが、全国的にはほとんど流通しなくなってしまったという。

しかし、この「ポポー」に対して、強い想いを抱いている人物がいた。静岡県清水区に住む塗装業の望月史さん(56)だ。望月さんは幼き日に食べた「ポポー」の味が忘れられず、現在、独力で180本もの「ポポー」の木を育て、商品化に成功したのだという。

バナナや柿、洋ナシやマンゴーなど、様々な果物を混ぜたような複雑で濃厚な甘さが特徴だというこの「ポポー」。そう遠くない将来、望月さんの育てた「ポポー」が広く全国に流通し、その「幻の味」に多くの人々が舌鼓を打つ日が訪れることだろう。

文・山田浩一

■参照リンク
http://www.shuminoengei.jp/m-pc/a-page_p_detail/target_plant_code-1000Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP