ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

OnePlus OneにCyanogenMod 11S 38Rが配信開始、RAW画像の撮影やハイレゾ音源の再生などをサポート、タッチパネルやバッテリー消費の問題も改善

DATE:
  • ガジェット通信を≫

OnePlus が同社の CyanogenMod スマートフォン「OnePlus One」に対して、CyanogenMod 11S 38R へのアップデートの配信を開始しました。今回のアップデートでは、タッチパネルのレスポンスやバッテリー消費の改善に加えて、複数の新機能の追加も行われています。以前よりタッチパネルはマルチタッチ時に誤操作が起きることがありましたが(指を近づけた場合にタッチ位置が乱れるなど)、その問題が修正されました。新機能はロック画面をアップデートCyanogen へのバグレポート送信機能カメラでの RAW 画像の撮影動画撮影時の一時停止機能24bit 96/192KHz(flac / alac / wav)のハイレゾ音源の再生をサポートほかにも、「4G Preferred」を指定した場合に 3G のデータ通信ができない問題や端末の向きをゆっくり変えた場合に回転しない問題なども修正されています。Source : OnePlusフォーラム


(juggly.cn)記事関連リンク
HTC製スマートウォッチの発売時期は2015年初旬に延期、HTC幹部が明かす
前評判の高いASUS ZenWatchは11月に台湾で発売、英国価格は£133(約23,000円)
Googleが今後Androidへの導入を検討しているマルチウィンドウ機能の概要が伝えられる

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP