ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

レッド・ツェッペリン×ポール・スミス、東京で奇跡的なコラボレーション実現

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界的ロック・バンド「レッド・ツェッペリン」のリーダーであり、伝説のギタリストのジミー・ペイジと、ファッション業界を長きにわたり牽引している世界的ファッションブランド「ポール・スミス」のデザイナー、ポール・スミスがそろって来日。ここ東京で奇跡的なコラボレーションを果たした。

レッド・ツェッペリンは、2014年6月からスタートさせた壮大なプロジェクトである「全作品のリマスター&デラックス・エディション化」のシリーズが、世界的な成功を収め、2014年10月29日には、その第2段階として「レッド・ツェッペリンⅣ」そして、「聖なる館」のリリースが決定。

この歴史的なバンドの新プロジェクトを祝う意味合いと共に、「今回のリマスタープロジェクトには未発表曲が含まれているが、それと同じで、見たことないものを作りたかった。」というポール・スミスから、レッド・ツェッペリンの象徴的なジャケット・ビジュアル、アートワークをあしらった、全世界で6デザイン、各50枚という限定生産の超プレミアな大判スカーフの発売が決定し、今回このような2人の合同記者会見が実現した。

1960年代から現代までの歴史の中で、レッド・ツェッペリンは音楽で、ポール・スミスはファッションで、いずれも英国から世界へ発信しており、ジミー・ペイジとポール・スミスは、時代をともに過ごした旧知の仲。世界で活躍する英国人としての仲間意識もあったという。

「このスカーフはプリントではなく織りで柄を作った。」というポールの説明を受けたジミーは、実物を見ながら、「CDジャケットのアートワークがもとになっているが、素晴らしいデザインチームが手を加えてくれて、素晴らしく、そして新しいものに生まれ変わった。」とその魅力を語った。

スカーフは合計6種類のデザインで、各デザインにつき、世界50枚の数量限定販売。価格は7万3,000円。10月23日よりポール・スミスの公式サイト(英国版)、またはロンドンのPaul Smith Albemarle Street店で発売される。日本ではPaul Smith SPACE店でのみ発売予定。

リリース情報
「レッド・ツェッペリン Ⅳ」
2014年10月29日発売
スタンダード・エディション WPCR-16087 2,000円+税
デラックス・エディション WPCR-16088/9 2,800円+税
スーパー・デラックス・エディション WPZR-30586 20,000円+税

「聖なる館(HOUSES OF THE HOLY)」
スタンダード・エディション WPCR-16090 2,000円+税
デラックス・エディション WPCR-16091/2 2,800円+税
スーパー・デラックス・エディション WPZR-30592 20,000円+税

関連リンク

レッド・ツェッペリン オフィシャルサイトwww.ledzeppelin.com
レッド・ツェッペリン ワーナーオフィシャルサイトhttp://wmg.jp/artist/zeppelin/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP