ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

山本譲二 タレがかかった穴子鮨に醤油つけ型破りに味わう

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 少し詳しいという人たちから「まずは白身から」「長居は無粋」などという“作法”を聞いたことがある人は多いのではないか。もちろん時と場合によっては、それらが当てはまることもあるだろう。だが各界の鮨好きたちは、しきたりにとらわれずにそれぞれのスタイルで楽しんでいる。

 歌手・山本譲二さんは、タレがかかったアナゴに醤油をつけて、「うん、旨いっ」。型破りに鮨を味わう。

「魚介類にはやっぱり、醤油でしょ! 子供の頃から染みついたものでね。お鮨屋さんで『そのままでどうぞ』『塩で』といわれたら1貫目は従うけれど、2貫目からは醤油をつける。タレがかかっていようがいいじゃない(笑い)」(山本さん)

 酒が進むと、長居することも珍しくない。

「若い衆を連れてきて、旨そうに食べる姿を見るのが大好き。『おいしい』なんていわれたら、ノッちゃう。そうすると、ちこっと長くなっちゃうよね」(山本さん)

 この日も約4時間、大いに鮨を愉しんだ。

◆山本譲二(やまもと・じょうじ):1950年、山口県生まれ。1974年、デビュー。1981年、「みちのくひとり旅」がミリオンセラーに。今年で歌手デビュー40周年。10月22日に新曲「北の孤愁」(テイチク)をリリース。

◆撮影したお店/鮨忠

撮影■石井雄司

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
CanCamモデル山本美月が魅せた「大人の色香」を撮りおろし
覚えておいたほうがいい韓流アーティスト ZE:A、FTIslandなど
イベントに1万人超の超新星とストリートライブ出身CNBLUE

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP