ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

AC/DC 1stシングル「プレイボール」配信開始、アルバム・ジャケ&収録曲も公開

DATE:
  • ガジェット通信を≫

世界で2億枚という途方もないアルバム・セールス数を誇る、史上最強のロックンロール・バンドAC/DCが12月3日に発売する6年振りのニュー・アルバム『ロック・オア・バスト』(”Rock or Bust”)。本日10月7日、アルバムからの1stシングル「プレイボール」のフル音源が全世界同時に発表された。

この新曲「プレイボール」は既報のとおり、MLB(メジャーリーグ・ベースボール)が現在行なっているポストシーズンのキャンペーン・ソングとして楽曲の一部がすでに全米で放送されているが、ついに本日より楽曲がフル公開、同時にiTunes Storeでの先行配信と、アルバム先行予約注文の受付が開始された。

さらに、アルバム・ジャケットとアルバム収録曲タイトルも今回同時に公開。スピーカーの前に宙に浮いた石でできたお馴染みのあのロゴ。この平面図では「静止画」となっているが、これが実際のジャケットでは凝った仕様になっており、なんとジャケットの角度を変えると、このロゴ石が木端微塵に爆発するような動きを見せるというユニークな仕掛けが施されているのだ。

“石さえも砕いてしまう爆音ロックンロールがアルバムには詰っている”という意味合いと、タイトルの”Rock or Bust”(=ロックしろ、でなければ破滅あるのみだ)にもかけたアートワークなのだ。まさにバンドの40年にわたる首尾一貫した姿勢をこれ以上ない形で表現したものだ。この特殊3Dレンズを使ったジャケットは、CDのみならずアナログLP(輸入盤のみ)でも採用しているという。なお、このロゴ石が爆発している模様がわかるファイルも公開された。

楽曲タイトルは、いきなりアルバム表題曲である「ロック・オア・バスト」で幕を開け、続いて1stシングルの「プレイボール」、そのあとも「ロック・ザ・ブルーズ・アウェイ」「ゴット・サム・ロックンロール・サンダー」「ハード・タイムズ」「ロック・ザ・ハウス」など、いかにもAC/DCらしい、曲を聴かなくても直球一本勝負の剛健なロックンロールがオンパレードであることが伝わってくるタイトル群だ。

アルバム・レコーディングは今年の春にカナダのバンクーバーで行ない、前作同様プロデューサーにブレンダン・オブライエン(レイジ・アゲインスト・ザ・マシーン、パール・ジャム、ブルース・スプリングスティーンなど)、ミックス・エンジニアにマイク・フレイザー(メタリカ、エアロスミス、ヴァン・ヘイレンなど)を起用、世界中のファンの期待に応えるべく結集したロック界最高の布陣で完成させた。

配信情報
「プレイボール」
2014年10月7日配信開始
https://itunes.apple.com/jp/album/rock-or-bust/id923586222

リリース情報
『ロック・オア・バスト』
2014年12月3日発売

<収録曲>
1. Rock or Bust
2. Play Ball
3. Rock The Blues Away
4. Miss Adventure
5. Dogs of War
6. Got Some Rock & Roll Thunder
7. Hard Times
8. Baptism By Fire
9. Rock the House
10. Sweet Candy
11. Emission Control

関連リンク

AC/DC ソニーサイトhttp://www.sonymusic.co.jp/artist/ACDC/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP