ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ついに出た!絵文字のようにGIF アニメを使えるキーボード「GIF Keyboard」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

アップル社がiOS 8でカスタムキーボードを“解禁”したのは記憶に新しいだろう。そうした動きを受け、GIF アニメが入力できるキーボード「GIF Keyboard」が早速登場した。

■使いたいものを“コピペ”

GIF アニメというと、パラパラ漫画のように何枚もの画像を連続表示して動画のように見せるもの。そのGIF アニメを絵文字やスタンプのように、メッセージなどで使えるようにするというのがGIF Keyboardだ。

絵文字のように、あらかじめさまざまなGIF アニメが用意されているので、微妙なシチュエーションなどを表したいときにその時の気持ちに合ったものを使う。

カテゴリー別になっているのでそこから選んでもいいし、シンプルにキーワードで検索をかけてもいい。使うには、選んで“コピペ”するだけ。

■ライブラリに数百万

開発したRiffsyによると、ライブラリには数百万ものGIF アニメがある。これには、Riffsyユーザーが作成してシェアしたものも含まれている。

ただ、このキーボードアプリ、海外発のものなので、当然のことながらGIF アニメの中身も海外のものとなっている。なので、笑いやハッピー、ショック、といった感情の表現方法に日本人とは多少のズレがあるのは否めない。

とは言え、無料で利用できるので、使い方によっては楽しめそうだ。受け取る側も、何気ないメッセージでGIF アニメが送られてきたら驚くこと間違いなしだろう。

絵文字やスタンプのように、GIF アニメが普通にメールやメッセージ、SNSなどで使われるようになる日もそう遠くないかもしれない。

Riffsy

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP