ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

桂正和べた褒め! 映画『小野寺の弟・小野寺の姉』トークイベントに「タイバニ」メンバー登壇 [オタ女]

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫


10月25日より新宿ピカデリーほかにて全国公開となる映画『小野寺の弟・小野寺の姉』。向井理さんと片桐はいりさんが演じる“一見似ていなさそうだけれど、なんだか似ている”姉弟の恋と人生の行方を描いています。共演には山本美月さん、及川光博さん、ムロツヨシさん、寿美菜子さん、麻生久美子さん、大森南朋さんと豪華キャストが結集。2人を巡るとびきり温かくてコミカル、そして少し切ない物語が完成しました。

本作は、TVをスタートに映画化にもなった『怪物くん』『妖怪人間ベム』、アニメ『TIGER & BUNNY』など大ヒット作の脚本を務め、2012年には日経エンタテインメントにて「ヒットメーカー・オブ・ザ・イヤー2012」の準グランプリを受賞、原作小説「小野寺の弟・小野寺の姉」の著者でもある脚本家・西田征史氏の待望の初監督作品です。

10月6日にはシネマート六本木にてスペシャルトークショー付き試写会イベントが行われました。今回初監督を務めた西田征史監督、そして声優としてではなく“女優”として出演を果たした大人気声優の寿美菜子さん、さらに、西田監督がシリーズ構成をつとめ、寿さんが声優をつとめた大ヒットアニメ『TIGER&BUNNY』のキャラクターデザイン(原案)をつとめ、実は本作にサプライズ出演もしている漫画家・桂正和先生がトークショーに登壇。タイバニメンバーでのわきあいあいとしたトークを繰り広げました。

――『小野寺の弟・小野寺の姉』を観た感想をお願いします。
桂:
初映像作品とは思えないクオリティの高い作品ですよね。初監督の作品てよく、「ここにだわったんだ」みたいな力の入ったシーンが出てきて「ここ何のシーンなんだろう」と、見てる側との差がうまれてきてしまうことが多いんですけど、西田さんの今回の作品は、今までに何本も撮ってきたかのような、安心して見れる作品でした。率直に言うと、天才だなって思いました。

寿:こんなにあったかい映画ってあるんだなと思いました。元々、舞台版も鑑賞させて頂いていたので、今度は映画でもこの姉弟にもう一度あえるんだ! って。

西田:なんて嬉しいコメントをいってくれるんだ!

――姉・より子の恋のライバルとなる齋藤ちゃん(齋藤亜沙子)役を演じていかがでしたか?
寿:
オファーが来たときはびっくりしました。始めは「どう?興味ある?」といった感じに連絡が来て、「もちろんです! やらせてください!」とお返事させていただきました。

西田:タイバニでの寿さんの「生っぽい演技」が気に入っていたので、ぜひ「斎藤ちゃん」という役をやってほしいとお願いしました。

――ベテランの共演者の方々との演技や撮影現場はいかがでしたか?
寿:
もう本当に恐れ多いなと最初は思っていたんですが、現場に入って、本当に親切にしてもらって、アニメとは違った自然なお芝居を肌で感じることができました。西田監督からも「どう?勉強になっているかな?」と気にかけて頂いて。本当に勉強になる、刺激のもらえる現場でした。タイバニでは「脚本家の西田さん」というイメージだったので、『小野寺』では座長というか現場を取りまとめている監督の顔をしていました。
片桐はいりさんと及川光博さんも本当に素敵な方で、休憩中もたくさんお話をさせて頂いて、「寿って本名なんですか?」と聞かれたりしました。

――桂さんも映画にご出演されていたんですか?
桂:
西田監督の初監督作品だから、記念に出たいといって出してもらったんですよ。一瞬でもいいからって。

西田:音楽の池瀬さん(『TIGER&BUNNY』、『小野寺の弟・小野寺の姉』音楽・池頼友さん)も何度も観ているはずなのに「えっ?桂さんでていたの?」っていってました。0.9秒くらい出演されています(笑)

桂:出方が難しかったです。ゆっくり!って何度もいわれたんですけどね。観た人が僕に気付かなかった理由の1つは、風景に溶け込んでいるからだと思いますよ。

――本作とタイバニの共通点といえばバディの関係性が大事にされている点ではないかと思いますがいかがでしょうか?
西田:
タイバニからバディものに興味を抱き始めたんです。2人の距離感が物語の中で縮まっていく作品が好きで。タイバニは王道をとったけど、小野寺の姉弟の距離感は元々近い、近いが故の距離をつきつめて撮れたかなと思っています。

――桂さんは本作をアニメ化するとしたらどのキャラクターに興味がありますか?
桂:
アニメ化するなら、お姉さんのより子を描いてみたい。奥深さを感じますね。しっかりしているようで頼りないところもあるし、書いていて楽しそうだなって思います。

――最後に見どころをおねがいします!
西田:
この2人って姉弟だけど親子でもあるんです。一番大事にしたのは生っぽい感じ、俳優の皆さんが楽しんでる感じを注目してほしいです。

寿:くすくす笑うポイントがあるのでそこに注目してほしいです。原作も読んで、画を思い浮かべてほしいです。齋藤ちゃんもお楽しみに!

西田氏ならではのテンポの良い演出が心地よい本作。ぜひ劇場であたたかな雰囲気に浸ってください。0.9秒くらい出演している桂先生も探してみて!

<STORY>
早くに両親を亡くしてから、ずっと二人きりで一緒に暮らしている、小野寺進(弟/33 歳)と小野寺より子(姉/40 歳)。モテないワケではないのに引っ込み思案で恋に奥手な弟と、こだわりが強く生命力の強い姉。弟は失恋の痛手から抜け出せないことを姉にとやかく言われながらも、彼等は一つ屋根の下に、イイ距離感を保ちながら暮らしていた。ある日、小野寺家に 1 通の誤配達の郵便が届く。その手紙をきっかけに進とより子、それぞれの恋と人生が動き始める。お互いを大切に想い合う不器用な姉弟のそれぞれの幸せの行方は。そして、弟が抱える、ある大きな想いとは……。

監督・脚本: 西田征史
原作: 西田征史「小野寺の弟・小野寺の姉」(リンダパブリッシャーズ/幻冬社文庫) 主題歌: 「それぞれ歩き出そう」阿部真央 (PONY CANYON)
出演: 向井理/片桐はいり/山本美月/ムロツヨシ/寿美菜子/木場勝己/麻生久美子/大森南朋/及川光博

製作:(C)2014 『小野寺の弟・小野寺の姉』製作委員会 制作プロダクション:ROBOT 配給:ショウゲート

映画『小野寺の弟・小野寺の姉』
2014年10月25日(土)より、新宿ピカデリー他全国ロードショー
http://www.onoderake.com

nonの記事一覧をみる ▶

記者:

アニメや可愛いものが大好き。主にOtajoで執筆中。

ウェブサイト: http://otajo.jp/

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP