ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

素行不良の少年を更生させた土鍋で煮た「1人ラーメン鍋」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 できたての料理と温かい家族との団らん。そんな当たり前の日常を知らない子供たちがいる。虐待や育児放棄などさまざまな事情で、親元で暮らせない里子たちだ。彼らを引き取って育てる里親たちの手料理は、里子たちに生きる喜びを届けてくれている。

 A子さん(64才)は、中学卒業まで児童養護施設で育った過去をもつ。25才で結婚したが、なかなか子供に恵まれず、38才の時に生後11か月の男の子を預かり、やがて養子縁組。その後、里親として20人ほどの子供を預かってきた。

 そのなかでも特に印象深い里子が、高校2年生の終わりから卒業までの約1年間だけ預かった少年だ。幼い頃から施設で暮らし、素行不良で手のかかる少年だったという。門限は午後10時と決めていたが、アルバイトや遊びで帰りが深夜0時を過ぎる日はしょっちゅうだった。

「お腹が空いていても、絶対に自分から“食べる”とは言わない子でした。“ご飯いらん”と言って、コンビニで買った菓子パンをよく食べていました」(A子さん)

 A子さんと言い合いになって衝突したこともあった。少年は「お前に言われたくないわ、親でもないくせに」が口癖だった。

 そんな少年が、ある寒い日の夜、帰宅した時珍しく「お腹、ちょっと空いてる」と口にした。その時にA子さんが作ったのが、土鍋で煮たラーメンだった。

 土鍋で冷蔵庫にあった残り野菜を煮立て、そこに麺を入れてゆでる。調味料を加えて味をととのえ、わかめやちくわなども入れた。そして火を止める寸前に卵を落とし、蓋をする。心のこもった「1人ラーメン鍋」のでき上がりだ。

 湯気の立つできたてのラーメンをひと口すすり、少年は瞳を潤ませてこうつぶやいた。

「お母さん、おしゃれやな、なんかおいしいな」

 そして、あっという間に完食した。

「夜遅くに帰ってきたにもかかわらず、自分だけのために作られたラーメン。そんな“親”が作る夜食は彼にとって初体験だったんです」(A子さん)

 少年は就職を機に岡本さんの元から巣立った。岡本さんは、その時の喜ぶ様子が今でも忘れられない。

※女性セブン2014年10月16日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
年間800杯以上食べる著者が語りつくした究極の「ラーメン本」
上戸彩、浅田真央、広末涼子が訪れる渋谷のラーメン店
全国行列のできるラーメン店リスト 福岡には2.5時間の店も

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP