ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ファーウェイがLTE Cat.6対応、指紋認証センサー付SIMロックフリー携帯を12月発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

ファーウェイ・ジャパンが、12月に発売されるSIMロックフリーの新型スマートフォン「Ascend Mate7」の発表会を開催した。

Ascend Mate7は、LTE cat.6に対応し、下り最速300bpsの高速通信を実現可能とするオクタコア SoC チップセット”Kirin925″を採用。360度どの方向からでもワンタッチで認識する指紋認証センサーなどを搭載した6インチ大画面のハイエンドモデルだ。

6インチの大画面を誇りながら、ベゼル幅を約2.9mmと画面縁を非常にスリムに仕上げ、157mm×横81mm、薄さ7.9mm、画面占有率83%のスリムボディを実現。ファーウェイ独自のインターフェイス「One-hand IU」では、端末を左右斜め上下に振ってポップアップメニューを移動させたり、キーボードを左右にスライドさせ片手で文字入力が行えるなど、快適な片手での操作性能が追求されている。

同社の吉本晃氏(端末統括本部 プロダクトセンター 商品企画部長)いわく、「持ちやすくするため人工工学に基づいた背面カーブを施したデザイン」「1枚のメタルから切り出したメタルを使用し、クラフトマンシップと手作り感を前面に出した」とのこと。また、世界で初めてジャパンディスプレイ社製のSuper 6 インチFHD LTPSディスプレイを搭載し、高解像度368ppiの鮮明かつ滑らかな画質が特徴だ。

指紋認証機能は、最大5つまで登録可能。アプリや連絡先、画像等もフォルダ単位で登録ユーザ別のアクセス制御が可能で、プライバシーの保護にも配慮している。スタンバイ状態からワンアクションで1秒以内にロック解除し、小雨時など指が濡れていても指紋は認証されるなど、使いやすさと高いセキュリティーを実現。加えて、カメラ機能の起動時には、本体背面の指紋認証センサーを使用しカメラシャッターを切ることもできるため、片手での写真撮影がしやすいという利便性も備えている。

10月7日(火)~11日(金)まで幕張メッセで開催される、最新エレクトロニクスの祭典『CEATEC JAPAN 2014』への出展に合わせ開催された発表会には、ファーウェイ・デバイス ジャパンリージョン・プレジデント兼ファーウェイ・ジャパン副社長のゴ・ハ(呉波)氏が登壇。世界のスマートフォン出荷台数第3位にランクインし、2014年の第2四半期(7~9月)には6.9%のグローバル市場シェアを獲得したファーウェイは製品力に加え、アーセナルFCやACミランなど欧州サッカーチームのスポンサーシップなども通して、グローバル市場での認知を高めてきた。2013年にはスマートフォンを5300万台出荷したが、サムスン、アップルに続く第3位という現状のシェア率に満足することなく「2014年度は8000万台出荷を目標としている」と語った。

日本市場においては、モバイルWi-Fiルーター、デジタルフォトフレームで6年連続シェアNo.1を獲得し、今年6月末より日本のSIMロックフリー市場にも参入。Ascend Mate7は同社の2014年下半期最新フラッグシップ・モデルとなるが、9月にドイツで開催された『IFA 2014』で発表され、すでに世界30カ国以上に出荷中。日本では12月発売予定となっている。

なお、『CEATEC JAPAN 2014』の同社ブースではAscend Mate7のほか、タブレットMediaPadシリーズ、リストバンド型ウェアラブル端末TalkBand B1などの実機も展示される。Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP