ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Doll☆Elements、リリースイベント最終日に5thシングル発売を発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「お人形」と「変身」をコンセプトに活動を行い、2013年7月3日に「君のハートに解き放つ!」でメジャーデビューしたDoll☆Elements。

7月2日発売の4thシングル「君のネガイ叶えたい!」では、オリコンシングル週間ランキング自己最高位となる初登場8位(7月14日付)を獲得。そして10月1日には、待望のファーストアルバム「私たちいつでも君の味方だよ Doll☆Elementsです!」をDoll盤とElements盤の2タイトル同時リリースするなど精力的に活動を続けている。そんなDoll☆Elementsが早くも5thシングルの発売を発表した。

ファーストアルバム「私たちいつでも君の味方だよ Doll☆Elementsです!」のリリースイベント最終日を迎えた10月5日。東京台場のヴィーナスフォート教会広場には、たくさんのファンが集まった。ステージ後ろの大きな扉から、お人形の5人が登場。「奇跡が起こる」というナレーションとともに、5人が動き出すという演出でライブがスタートすると、会場は割れんばかりの大歓声に包まれる。

これまで全国各地でリリースイベントを開催してきた彼女たちだが、この日もその可愛いビジュアルにも関わらず非常に熱いライブ行った。1曲目と2曲目の間にメンバーがステージから姿を消すと、すぐに別の衣装で登場するなど、変身さながらに早着替えを披露。さらにアルバム収録の新曲「君のヨロコビを包みたくて!」ではスタンドマイクが用意され、彼女たち自身初となるしっとりとしたミディアムナンバーを歌い上げると、思わず涙を流すファンの姿も見受けられた。

そして、メンバー、ファンが一体の盛り上がりを見せたイベントの終盤のMCで大切なお知らせが発表された。

「2015年1月7日に5thシングルをリリースします!」

その瞬間、ヴィーナスフォート教会広場に詰め掛けたたくさんの人からこの日1番の大歓声が巻き起こった。リーダーの権田夏海は、「皆様の声援に応えることができるようにもっともっとメンバー5人、気持ちを一つに頑張ります。次があるのは、本当に皆様のお蔭です。アルバム同様、5thシングルもたくさんの方に届くように頑張るので、引き続き応援宜しくお願いします!」とファンへの感謝も忘れずにこれからもメンバー5人で駆け抜けることを約束した。

1月7日発売の5thシングルは、初回限定盤として各メンバーソロバージョン5形態と、通常盤の全6形態がリリースされる。収録楽曲やジャケット写真などの詳細は、Doll☆Elementsオフィシャルサイトで随時発表されていく。

さらに、5thシングルのリリースまでに、10月13日秋葉原UDXシアターでのファン感謝ライブイベント「どる☆フェス」、11月の仙台、名古屋、大阪でのワンマンライブ。そして、12月21日にNEO fromアイドリング!!!とDoll☆Elementsによるクリスマススぺシャルライブの開催も決まっている。

リリース情報
5thシングル「タイトル未定」
2015年1月7日発売
初回限定盤A 外崎梨香盤 MUCD-5286 926円+税
初回限定盤B 権田夏海盤 MUCD-5287 926円+税
初回限定盤C 小島瑠那盤 MUCD-5288 926円+税
初回限定盤D 小森ゆきの盤 MUCD-5289 926円+税
初回限定盤E 小泉遥盤 MUCD-5290 926円+税
通常盤 MUCD-5291 926円+税

イベント情報
どる☆フェス10月公演
10月13日(月・祝) 秋葉原UDXシアター

ライブ情報
2014年11月12日(水)仙台MACANA OPEN 18:30 / START 19:00
2014年11月15日(土)大阪Zeela OPEN 16:00 / START 16:30
2014年11月23日(日)名古屋Heartland STUDIO OPEN 16:00 / START 16:30

NEO fromアイドリング!!!×Doll☆Elementsスぺシャルライブ
12月21日 渋谷duo MUSIC EXCHANGE

関連リンク

Doll☆Elementsオフィシャルサイトhttp://www.doll-elements.com/
ドリーミュージック公式チャンネルhttp://www.youtube.com/user/dreamusic

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP