ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

東海道新幹線50周年に祝福が殺到

DATE:
  • ガジェット通信を≫

10月1日に東海道新幹線が開業50年を迎え、ネットユーザーからお祝いの声が相次いでいる。

【画像や図表を見る】

東海道新幹線は、東京五輪開幕直前の1964年10月1日に東京・新大阪間で開通した。開通当時は最高時速が210kmで、両駅間の所要時間はおよそ4時間だった。だが、現在は最高時速が270kmにスピードアップし、所要時間も2時間半程度に短縮。これまでの利用者数は56億人に上る。

東海道新幹線を運行するJR東海は、現在50周年記念サイトを公開している。サイトでは、10月1日に行われた開業50周年記念列車の出発式の動画や、深津絵里や牧瀬里穂らが出演して話題を集めた「クリスマス・エクスプレス」や「シンデレラ・エキスプレス」のCM、開業からの軌跡をたどる動画などを公開。新幹線トリビア、沿線ガイド、お仕事図鑑など、新幹線にまつわる様々な情報も紹介している。

また財務省は9月30日、東海道新幹線50周年を記念した百円硬貨を来年3月に発行すると発表した。表面には、東海道、山陽、東北、上越および、来年開業予定の北陸新幹線のそれぞれ5種類の代表的な車両がデザインされ、裏面には、「0系」と呼ばれる初代新幹線が刻印されるという。

50周年当日は、こうしたニュースが多くのメディアで報じられ、ツイッターには、

「今日で東海道新幹線開業50周年、その先の50年、開業100周年も見届けたいな」
「50周年おめでとう、新幹線。 安全という名のレールは続くよ、どこまで」
「東海道新幹線50周年おめでとう。もっと乗りたい」
「東海道新幹線開業50周年のニュース見てたら旅行したくなった」

など、50周年を祝福する声が相次いだ。また記念硬貨についても、ツイッターユーザーからは、

「入手せねば!」
「財務省グッジョブだな」
「これは制覇したいな!」
「裏面は、いずれも『0系』新幹線ってとこが泣かせるじゃありませんか!」

といった声があがっており、こちらも評判は上々。JR東海は現在着々とリニアを建設中だが、ネットユーザーの反応を見る限り、新幹線に対する日本人の愛情や思い入れは、並々ならぬものがあるようだ。
(R25編集部)

東海道新幹線50周年に祝福が殺到はコチラ

※コラムの内容は、フリーマガジンR25およびweb R25から一部抜粋したものです
※一部のコラムを除き、web R25では図・表・写真付きのコラムを掲載しております

関連記事リンク(外部サイト)

第2青函トンネル案に非難轟々
18きっぷ値上げ 謎の歓迎ムード
2020年に向け変身!大型駅開発
「なんでこの席に…」出張の座席予約あるある
飛行機&ヘリ操縦免許の取得費用は

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
R25の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP