ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

屋台の味を自宅で再現! 本格的な焼き芋をつくるコツは?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

寒くなるにつれて、無性に食べたくなるのが焼き芋。屋台で売っているような、ホクホクで香ばしい焼き芋を自宅で再現できたらいいのになぁ……。

焼き芋がおいしくなる季節がやってくる!

はたして、自宅で本格的な焼き芋を作ることは可能なのだろうか? 今回は、家庭にあるものでチャレンジしてみた。電子レンジ

まずは、簡単調理に欠かせない電子レンジを使ってチャレンジ。芋を水でよく濡らし、新聞紙に包んで電子レンジへ。500Wで2分間熱し、皮を柔らかくする。その後、「解凍モード」もしくは温度を200Wに設定し、さらに10分ほど加熱する。これで芋の内側までじっくりと熱が通るのだ。竹串を刺し、中まで通ればできあがり。

これが完成した焼き芋……というより「ふかし芋」に近いだろうか? たしかに柔らかくなってはいるが、割った時の焼き芋独特の繊維感がなく、食感も“ホクホク”というよりは“モソモソ”しており、口の中の水分がすべて持っていかれる。食べられなくはないが、格別においしいとは言えない。鍋&コンロ

理想の焼き芋が味わえなかったので、今度は鍋とコンロでリベンジ。まず、よく洗った芋を鍋に入れ、ほんの少し隙間を開けて蓋をし、弱火でひたすら加熱する。鍋に焦げ付かないよう、細目に芋を転がしながら、まんべんなく皮に焼き色をつけていくのがポイント。

一時間ほど加熱し、竹串が奥まで通るようになったらできあがりだ。予想以上に時間がかかってしまった……。

できあがった焼き芋を割ってみたところ、キツネ色に焦げた皮の裏側や、芋の繊維が感じられる身、香ばしい香りなど、筆者が求めていた「屋台の焼き芋」が忠実に再現できている! 食感も、電子レンジで作った焼き芋のように比べ、ほどよく水分が抜けておらず、ジューシーでホクホクだ。さらに新聞紙に包んで一時間ほど置いておけば、しっとりとした食感も味わえる。

注意したいのは、部屋がかなり焦げ臭くなるので、調理中は十分に換気をすること。これさえ気をつければ、自宅で本格的な焼き芋を楽しむことができる。

おやつにも夜食にもぴったりなホクホク焼き芋。この秋、ぜひ自宅で挑戦してみてはいかがだろうか?

(波多野友子+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。