ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

ロザンナさん 夫ヒデが亡くなってから立ち直るまでの日々回想

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「日本に来てからずっとヒデに頼りっぱなしでした」

 イタリア北部、ベネト地方出身のロザンナさん(64才)。音楽デュオ・「ヒデとロザンナ」として、『愛の奇跡』などのヒット曲がある。当時、日本在住は22年を超えていたが、日本語の読み書きがあまりできず、3人の子供の学校の手続きもすべて夫のヒデ任せ。そのヒデが病気で倒れて仕事はストップ。なのに入院費用など、お金は出ていくばかりだった。ヒデを見送った時、貯金は尽きていた。

「故郷のイタリアに帰るしかないといったんは帰国したんですが、甘かったですね。父から“よく考えなさい”と言われたんです。そこに私の居場所はありませんでした」(ロザンナさん・以下「」内同)

 39才のときに夫のヒデが47才で亡くなってから1年。ロザンナさんはタレントとして日本で復活することを決める。

「泣き暮らしていたから、まぶたは腫れてて悲惨な顔になっていました。でも近所のブティックのママは赤いミニスカートをすすめるんですよ。おそるおそる鏡を覗くと、“40才のミニの女”はけっこうイケていた。ネイルもしてみたら、ああ、私、まだ女じゃんって幸せな気持ちになりました。復帰の準備をしながら、少しずつヒデなしで生きていく覚悟ができたんですね」

 ロザンナさんは現在、歌手だけでなくイタリア料理研究家として活躍。忙しい日々を送っている。

「ヒデはもうこの世にはいないけど、私の心の中にはいる。だからお墓参りして、私より先に花が供えられていたりすると、“ほかの女から!?”と頭にきて、“どういうことよ”と、写真に向かってケンカするんです(笑い)」

 大ヒット曲『愛の奇跡』の中の「ティアーモ~」(愛しています)は、まだまだ続行中だ。

※女性セブン2014年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NHK紅白出場は栄誉 歌手・岸千恵子は出場後ギャラ3倍になる
51才男 アラサー女性の婚活支援で50代既婚男3人誘い合コン
OL合コン隠語「中山のヒデちゃん」はすぐ「ウチくる?」の男

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。