ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

台風18号で飛んできた「あるモノ」がツイッターに投稿、ネット上で大人気に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

週明けの首都圏を文字通り「直撃」した格好の台風18号。今回は首都圏のみならず、広範囲にわたって数多くの被害を生み出したことが明らかとなっているが、そうした中、折からの強風によりスッ飛んだ「あるもの」が話題となっている。

首都圏を台風が直撃する前日の10月5日午後、あるユーザーが投稿したこの画像は、おそらく「ス」のつく商業施設などから飛んでしまったと思しき看板の一部。この古典漫画的な表現を彷彿とさせる光景に、

「思ったよりもガチでワロタw」
「「ス」が直撃するの想像してワロタ」
「スッ飛んだwww」
「はじめ人間ギャートルズを思い出したわw」
「うまいことをw」
「スーパーのスが飛ぶ程、スーパーな台風という事で落ちが「ス」で納得したっス」
「スではなく「と」である可能性も微レ存」
…と、ネット上からは「そのまんまでワロタ」と、思わず苦笑する声が。

台風の前後というのは、一見、いつもと変わらないように思えても、切れた電線で感電したり、崩落しかかった家屋の一部が風に煽られて落下するなど、思わぬ被害に見舞われることもしばしば。外出時には、くれぐれもご注意頂きたい。

文・島田克彦Permalink | Email this | Comments

カテゴリー : エンタメ タグ :
AOLニュースの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP