ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Huawei、メタルボディで指紋リーダー付きの6インチスマートフォン「Ascend Mate7」を日本で12月に発売

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Huawei Japan は 10 月 6 日、同社が9月に行われた IFA 2014 イベントで発表した 6 インチのハイスペックスマートフォン「Ascend Mate7」を日本で 12 月に発売すると発表しました。国内では SIM ロックフリー版が MVNO から各社の SIM カードとセットで販売される予定です。Ascend Mate7 は、6.0 インチ 1,980×1,080 ピクセルのIPS-NEO液晶と、同社グループ Hisilicon の最新モバイルプロセッサ Kirin 925 オクタコア(Cortex-A15@1.8GHz×4+Cortex-A7@1.3GHz×4)を搭載した現行最高スペックの Android スマートフォン。Ascend Mate7 の特徴はデザインを一新した筐体。Ascend Mate7 では同社初のメタルユニボディを採用しています。全体の 95% に金属素材を使用しており、かなりメタル感のある仕上がりとなっています。また、背面にはタッチするだけで認証を実行できる指紋リーダーを搭載。ロック画面の解除、アプリ・データの非表示化と認証などを行うことができます。さらに、下り最大 300Mbps の LTE Category 6(LTE-Advanced)にも対応しています。メモリは 2GB RAM / 16GB ROM を搭載。Micro SD カードスロットもあります。カメラは背面に 1,300 万画素(Sony の第 4 世代 Exmor RS)、前面に 500 万画素カメラを搭載。Dolby Mobile のサラウンド機能にも対応します。バッテリー容量は 4,100mAh で、急速充電にも対応しています。ワイヤレス通信機能は Wi-Fi a/b/g/n、Bluetooth v4.0、GPS / A-GPS / GLONASS、テザリング、GSM(850 / 900 / 1800 / 1900MHz)、WCDMA(800 B19/ 850 / 900 / 1700AWS / 1800 / 1900 / 2100MHz)、LTE(B1 / B2 / B3 / B4 / B5 / B7 / B8 / B19 / B20 / B40)に対応しています。SIM カードは Micro SIM が対応しています。Source : PRTIMES


(juggly.cn)記事関連リンク
シャープ、7インチのMEMS-IGZOディスプレイを搭載したAndroidタブレットを開発、2015年上半期に発売へ
HTC Nexus 9とされる端末の実物写真が初流出
Sony Mobile、SmartWatch 3を購入したXperiaユーザーに5,000円をキャッシュバックするキャンペーンを発売日より実施

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP