ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Uberの”現金版”!?ATMが近くに無い緊急時に現金を届けてくれる「Nimbl」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

「レストランでおいしい食事を楽しんだのは良かったけれど、支払い時に現金しか対応してなくて手持ちがなくてあせった」このような経験はないだろうか?

上のようなシチュエーションがあるかどうかは別として、急に現金が必要になったが、近くにATMがなくて焦った経験があるという人なら少なからずいるはずだ。

そんな緊急時にあなたを救ってくれるアプリ「Nimbl」が今アメリカでちょっとした話題になっている。

“Uberの現金版”とも言える、あなたがいる場所に現金を届けてくれるサービスだ。

頼んで30分前後で現金が届く

使い方はシンプルで、予め登録を済ませた上で、自分が届けてほしい金額と場所を入力する。するとだいたい15~30分程で、”Nimbl runner”があなたの元に現金を届けてくれる。

現金が届いた後で支払い依頼が届き、PaypalやGoogle Walletなどで支払いを行う。1回の配送ごとに手数料として5ドルが必要になる以外は、特に費用はかからない。

現在は一部エリアのみでの対応ながら、早くも注目が集まる

まだサービスをローンチしたばかりで、現在はサンフランシスコとニューヨークでのみ利用が可能だが、早くもかなりの話題となっていて今後のエリア拡大に期待が集まっている。
Nimbl

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
Techableの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP