体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Amazonが手がける著者と読者で作品を磨き上げる新たなコミュニティ「WriteOn」

WriteOn

あのAmazonが新たなサービスの実験を始めているのをご存知だろうか?

Amazonが現在プライベートベータ版を提供しているのは、「WriteOn」という出版系のコミュニティ兼クラウドソーシングのサービス。著者と読者双方が参加し意見交換ができるコミュニティだ。

コミュニケーションを通してより良い作品を作れる

このコミュニティは、著者と読者が意見交換やフィードバックを通してよりおもしろい作品を作ることを目的として立ち上げられた。

著者側は自分のページにオリジナルの作品をアップロードすることができ、完成したものはもちろん、作りかけのものでも気軽に掲載しフィードバックを求めることができる。

一方は読者側は自分が気になる著者や作品をフォローしたり、実際にコメントを残したり詳細のディスカッションを行うことができ、そういった意味では”クラウドソーシング×編集”のような側面を持つと言える。

新しいコミュニティに期待

実際に執筆段階の本のコミュニティをFacebookグループやWebサイトで作り、ディスカッションをしながらブラッシュアップしていったという事例は国内外で見受けられるため、一定のニーズはあるように思う。

今度どのくらいの規模のコミュニティになるのかが注目が集まるサービスである。
WriteOn

Techableの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

山寺宏一&高木渉で『ポプテピピック』

GetNews girl / GetNews boy