ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

コンテンポラリーな生活、初のフルアルバム「ヘドが出る前に」詳細発表

DATE:
  • ガジェット通信を≫

写真左から:藤田彩(Ba.)、朝日廉(Vo.&Gt.)、酒井俊介(Dr.)
地元大阪だけでなく、東京へも活動の幅を広げている話題のバンド・コンテンポラリーな生活が11月5日にリリースする、バンド史上初のフルアルバム「ヘドが出る前に」の収録内容がオフィシャルサイトで発表された。

すでにライブ会場では披露されファンの間では話題の「嫌々々々」「憎しみのブギ」やアルバムタイトルにもなっている「ヘドが出る前に」といったラインナップに加え、バンド結成初期からライブで演奏されている人気曲「アンハッピー少年少女」「さかな暮らし」なども音源化となった。

今作もコンポラ特有の独創的でユーモア溢れる楽曲や、若者特有の鬱屈としたリアリティ満載の歌詞世界は健在でありながら、アルバム全体を通して非常に“ロック”で、一聴してライブと直結するような作品となった。プロデューサーには前作同様に中尾憲太郎氏(ex.ナンバーガール)を起用。ほぼ全曲に渡りアレンジから参加し演奏力も強化。重厚なサウンドメイクにも拘った作品に仕上がっている。

また、ボーカル朝日廉がイラストを手がけたジャケット画像や、躍動感溢れるアーティスト写真もあわせて公開された。今後はミュージックビデオも公開予定。東名阪ワンマンツアーのチケットも発売中。詳しい情報はオフィシャルサイトまで。

朝日廉(ボーカル / ギター) コメント
このアルバムには自分が面白いと思う「音楽」を詰め込んだので、例えば「新しい」と思ったり「懐かしい」と思ったり、聴く人によって見え方が変わってくると思います。それぞれの感性で楽しんで欲しいです。

リリース情報

アルバム「ヘドが出る前に」
2014年11月5日発売
XQMB-1004 2,365円(税込)
収録曲
1. アンハッピー少年少女
2. 嫌々々々
3. トロイメライ駅
4. 品川メモリーズ
5. 憎しみのブギ
6. さかな暮らし
7. PIXEL MONSTER
8. ハッピーライン
9. 晩夏とペダル
10. プロポーズ
11. ヘドが出る前に

関連リンク

コンテンポラリーな生活 オフィシャルサイトhttp://1stplace.co.jp/artist/conpolife/

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP