ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

世界でヒット中のミーガン・トレイナー、テイラーを押さえ英シングル・チャートでも1位に

DATE:
  • ガジェット通信を≫

日曜日に発表された最新のイギリス・レコード売り上げ。アメリカの女性シンガー、ミーガン・トレイナー(20歳)の「All About That Bass」がシングル・チャートの1位になった(オフィシャル・チャーツ・カンパニー調べ)。

Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

ストリーミングだけで、初めてシングル・チャートにランク・インした女性アーティストとして話題になった。今回は地元出身のジェシー・Jが今人気の若手女性アーティストのアリアナ・グランデとニッキー・ミナージュと組んだ 「バン・バン」や、今年最大のアルバム・セールスが期待されているテイラー・スウィフトの「シェイク・イット・オフ」を押さえての1位は快挙。

アメリカ・マサチューセッツの出身。高校卒業後ナッシュビルに移る。ラスカル・フラッツ他のカントリー・アーティストに曲を書いていた。そこでプロデューサー、ケヴィン・カディッシュと出逢う。ケヴィンは作家としても、ステイシー・オリコやマイリー・サイラス他に曲を提供。ミーガン・トレイナーと出会い、シングル「All About That Bass」を書く事になる。

2人が作り出すサウンドのベースはドゥワップ。50年代や60年代初頭を思わせるノスタルジックさがあり、もの凄く斬新。アメリカの女性シンガーのラップや張り裂けソングに比べるとそれが良く分かる。「All About That Bass」は最新のビルボード・シングル・チャートで4週連続1位になった。YouTubeでの視聴は1億2千万回を超えた。フル・アルバムは未だ発表されていない。

記事提供元:Musicman オススメBlog【高橋裕二の洋楽天国】

カテゴリー : エンタメ タグ :
Musicman-NETの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP