ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

災害時にペットがいたりATMが使えないときの対処法を解説

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 広島の土砂災害、御嶽山の噴火など大規模災害が起きているが、災害に遭ったとき、ペットやお金はどうしたらよいのだろうか?

 家族と連絡が取れない場合に備えて、連絡の取り方は何通りか決めておくこと。

◆171の災害伝言ダイヤル(※録音・再生とも固定電話に限定されるので注意)
◆各携帯電話メーカーの災害用伝言板
◆第三者を介したトライアングル伝言(被災者→被災地県外の親族・友人←被災者の安否確認したい人)
◆地方ラジオ局などに安否確認をリクエスト。

 また、ペットがいる人のために、2013年6月、環境省より「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」が設定された。ペットを同行することが基本とされ、避難所では各自治体のルールに従った世話が義務づけられる。他の被災者に迷惑を掛けないよう事前に病気の確認を。避難所ではペットの食事は確保できないので、あらかじめ準備しておこう。

 ATMが使えない場合、政府が災害救助法を発令すると、各銀行や郵便局の窓口で身分証明書などにより身元が確認できれば、自分の口座から10万円程度は引き出すことができる。身分証明書がない場合でも、名前、住所、生年月日、口座のある支店名を告げれば引き出し可能。ただし、預金口座以外の取引はできないので注意。

※女性セブン2014年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
NEWSポストセブン 「安否情報サイト」まとめ記事
民放テレビ 被災者を泣かせる過剰演出はもう止めての声出る
災害時の情報源 TV31%、ラジオ30%、携帯21%、ネット8%

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP