ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

永島優美アナ テレ朝の内定獲得も悩んだ末にフジテレビ入社

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 フジテレビの新人・永島優美アナ(22)に新人としては異例の重要ポストが与えられた。『めざましテレビ』を卒業した生野陽子アナ(30)に代わって同番組の担当に抜擢、歴代エース候補に「○○パン」という愛称とともに与えられる帯番組『ユミパン』もスタートした。昼の『バイキング』でも、絶対的エース・加藤綾子アナ(29)の後任として、火曜・木曜を担当する。

 父親は元Jリーガーで、現在フジテレビ『スーパーニュースWEEKEND』のキャスターを務める永島昭浩氏。内定当時は「コネ入社」とも揶揄されたが、実力は確かなようだ。フジの社員がいう。

「実は彼女、フジだけじゃなくテレ朝の内定も勝ち取っていたんです。悩んだ末にウチを選んだと聞いています。昔はフジとテレ朝を天秤にかければ誰もがフジを選んだはずですが、落ち目になった今では話が違う。局側も“金の卵”として手塩にかけて育てるつもりです」

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
テレ朝新人久冨アナ 次に報ステ・古舘伊知郎の隣に座ると噂
夏目三久アナ 年収3億円説飛び出し女子アナ界新女王の声も
フジ若手アナ 寿退社の本田朋子を慕うも平井理央の話は出ず

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP