ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

秋は空き巣が増える!? 狙われやすいのはどんな住宅?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

心地よい夜風に虫の声。秋になると窓を開けたまま眠りにつく人もいるかと思う。でも、ちょっと待って! そのちょっとした油断が、空き巣被害を招く可能性につながるのだ。

ちょっとした油断が空き巣の被害を招くことも……

セキュリティ工事を手掛ける「トレネッツ」の代表取締役で、「住まいの防犯.com」の防犯アドバイザーでもある藤掛誠一郎さんによると、年間を通して秋から年末にかけてが、もっとも空き巣が増える時期だという。その理由を教えてもらった。秋に空き巣が増える理由

1.行楽シーズンで旅行に出かけたり、運動会や秋祭りなどが行われたりして、自宅を留守になる機会が増える
2.日が暮れる時間が早くなり、泥棒が活動しやすくなる時間が増える
3.涼しくなると、窓を開ける時間が長くなる
4.クリスマスや年越し、正月など暮れのイベントに向けて、自宅に現金を置くことが増える

平成26年度の神奈川県警による空き巣発生状況をみても、10月~2月頃にかけては、空き巣の被害件数が増えている。

また、「空き巣に狙われやすい住宅がある」と藤掛さんは続ける。以下にその特徴を挙げてもらった。空き巣に狙われやすい住宅の特徴

1.窓が通りから見えない、見えにくいなど死角になっている
2.角地に建っている住宅は、侵入しやすく逃げやすい。また、塀や庭木で隠れている住宅は、入ってから隠れやすい
3.街灯が近くになく、住宅の周りが暗い
4.庭の雑草が伸びていたり、家の周りが汚れていたりすると、片付ける習慣がなく、住宅のなかも、大事なものが出しっぱなしになっていると思われる

警視庁の統計データによれば、空き巣の侵入場所の7割は窓からによるもの。では、どのような対策をとればいいのだろうか?

「まず、窓を開けっぱなしにしておいた状態で、空き巣対策はできないと思った方がいいです。侵入方法の約3割強(一戸建て/愛知県※2013年)が、玄関や勝手口、窓などの無施錠が原因。それ以外にも、寝ている時に侵入する『忍び込み』や、居間などでテレビを見ていたり、風呂に入っていたりする時に侵入してくる『居空き』があります。決して部屋に誰かがいるから安心ということはありません」

ほとんどの泥棒は事前に下見を行い、衝動的に空き巣に入ることはないという。下見の段階で、狙われないために有効な手段はあるのだろうか?

「防犯四原則というものに、『時間』『光』『音』『目』というのがあります。この中でも特に空き巣に効果があるのは『音』と『目』。『音』は部屋の外に音が鳴るものを設置することで、誰かが近づいた時に、周りに知らせることができます。『目』は、日ごろから近所の人たちと挨拶したり、交流が盛んな地域だったりすると、不審者がうろついていれば、情報共有が行われると泥棒は予測するので、犯行対象箇所から外します」

藤掛さんは、「油断は泥棒が一番大好きなもの」と話す。「2階以上だから大丈夫だろう」「盗まれるものなんかないから……」などと油断している人は、心を引き締めることが肝心。被害に遭ってから後悔しても、時間は戻らないのだ。

(ミノシマタカコ+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP