ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

あなたにピッタリなお出かけ情報が届くサービス「ハレット」って?

DATE:
  • ガジェット通信を≫

インターネット上のあらゆる情報を収集・整理し、ユーザーに届ける「キュレーションサービス」。現在、多数のキュレーションサービスが登場しているが、「最新のニュースだけを抑えておきたい!」「このニュースに対して、みんなはどのような意見を持っているのか見たい」などさまざまな目的で使い分けしている方も多いのでは?

halettoには編集長の三宅の想いが込められている

そんななか、「自分にあったお出かけスポット情報をオススメして欲しい!」という方に利用してもらいたいのが、CHINTAIが提供しているキュレーションサービス「haletto(ハレット)」だ。どのようなサービスなのかを、CHINTAIメディア企画グループでハレット編集長の三宅朝子の想いと一緒に紹介していく。

「ハレットは、『大人女子が行きたい! 見たい! 食べたい! 買いたい! と思えるタイムリーなお出かけ情報を、ひとりひとりに合わせてお届けする』がコンセプトのサービスです。『ひとりひとりに合わせて』というのは、ユーザーの「居住地」や「興味のあるジャンル」、恋人や子どもがいるかといった「属性」などのデータをもとに、毎日お届けする情報をユーザーごとに変えている、という意味です」

例えば、「池袋に住んでいる」「カフェが好き」「子どもがいる」というユーザーに対しては、「池袋周辺で、子どもを連れていけるカフェ10選」などの情報が届くようになっている。確かに、ネットの膨大な情報のなかから自分好みの店を探し出すのは、かなりの手間……。自分にピッタリの情報が自動的に手に入るのは、かなりの魅力といえそう!

しかし、なぜ賃貸住宅情報を提供するCHINTAIがキュレーションサービスを提供するのか。そう疑問に思っている人もいるのでは?

「同じ都道府県に長く住んでいると、引越し先の候補地は、どうしても自分の知っている場所(限られた範囲内)になってしまいがち。ハレットを通じて新たな街へ行くきっかけができることで、住み替えの際に候補地が広がり、よりその方にとって合った暮らしができる場所と出会えるようにすることを目指しています」

以前までは、WEB版のみの提供だったが、9月16日、スマートフォン向けアプリ(先行してiOS版のみ)を配信しました。

いつもとは違う週末を過ごしたいと思ったときに、ピッタリ応えてくれる同サービス。ぜひ利用してみて、そのワクワクを体験してみてはいかがだろうか?

(播磨谷拓巳/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP