ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

牛乳、梨、玉ねぎ、炭酸、肉が一番柔らかくなるのはどれだ!

DATE:
  • ガジェット通信を≫

スーパーで買った肉を焼いたら、固くなってしょんぼり……なんて経験はないだろうか。店のように柔らかくてジューシーな肉が食べたい! そこで、簡単に肉を柔らかくできる方法を調べてみた。

玉ねぎ、梨、牛乳、炭酸水と主役の安い肉の5点セット

ネットによると、牛乳、梨、玉ねぎ、炭酸が「肉を柔らかくする」のに効果的らしい。さらに、肉は常温に戻しておいた方が表面と中心部の温度差がなくなり、まんべんなく火が通って、おいしく焼き上がるのだとか。

さっそく、購入した肉を4つの塊にわけ、それぞれに漬けてみた。

● 牛乳

肉が牛乳に沈むのが理想的な状態。牛乳には肉の繊維を分解する効果があるそうだ。この状態で30分置こう。

●梨

梨をすりおろし、15分ほど肉を漬け込む。漬け込み過ぎると肉がボロボロになるらしいのでご注意を。

● 玉ねぎ

すりおろした玉ねぎに肉を30分程度漬け込もう。肉を漬け込んだ後の玉ねぎは、炒め料理などに使うこともできる。

●炭酸

最後は、炭酸の中に肉を入れるだけ。シュワシュワいいながら肉が上に浮いてきたら、この状態で15分ほど待機。

それぞれ生肉の状態をチェックしたところ、玉ねぎに漬けた肉が特に柔らかい。はたして、焼いてみるとどうなるのか。肉に塩・コショウを振り、同じ火力、時間焼いてみた。

一番柔らかくなったのは、玉ねぎに漬けこんだ肉! 焼き色がついても表面がまったく固くならず、とても軽い力で噛み切れた。あと一歩だったのが、牛乳に漬けこんでおいた肉だ。どうやら、一晩くらい漬けておくとより柔らかくなるらしい

とはいえ、どの肉も格段に柔らかくなった。臭いもクセもなく、柔らかさだけアップしたのには驚きだ。どれも手軽な方法なので、肉料理を作るときに実践してみては?

(B面ばなな+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP