ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

甘いのにノンカロリー!? 食べても太らない糖「希少糖」のヒミツ

DATE:
  • ガジェット通信を≫

甘いものは大好きだけど、カロリーを気にしてなるべく食べるのを控えている……。そんな人に朗報なのが、「食べても太らない糖」ともいわれる「希少糖」の存在だ。

食後血糖値の上昇を抑えるという「D-プシコース」

「希少糖」とは、自然界に微量しか存在しない単糖(糖の最小単位)のこと。自然界に多量に存在する単糖はブドウ糖、果糖など7種類のみで、残りのものはすべて希少糖となるそう。現在は約50種類の希少糖の存在が確認されている。

でも、どうして希少糖は「太らない糖」と言われるの? 香川県商工労働部産業政策課糖質バイオ・健康関連産業振興グループの古田理子さんに話を聞いた。

「希少糖の一種である『D-プシコース』は、砂糖の7割の甘さを持ちながらもほぼノンカロリーの糖。しかも、食事と一緒に摂取することで食後の血糖上昇を抑え、糖尿病の改善や予防に効果があることが確認されています。最近の研究では脂肪の蓄積を抑制し、動脈硬化の予防にも役立つ作用があることもわかってきているんですよ」

希少糖は、1991年に香川大学の何森健(いずもりけん)特任教授が“果糖からD-プシコースを作り出す酵素”を発見。それにより、自然界に多量に存在する安価な果糖から希少糖を大量に作り出すことが可能となった。結果、研究が進み、食品や医療、農業など、幅広い分野でさまざまな効果が期待されているのだ。

そんな希少糖を、普段の生活に手軽に取り入れることはできるのだろうか。

「希少糖は砂糖やみりん代わりに使うことができますよ。希少糖を15%ほど含む希少糖含有シロップは、全国のイオンや通信販売で購入いただけます」

価格は500グラムで1300円程度とのこと。少々お高めではあるけれど、健康には変えられないかも……。

日本のみならず世界中の糖尿病や肥満を克服する素材として、注目を集めている希少糖。肥満や生活習慣病が気になる人は、さっそく希少糖生活初めてみる?

(両角はるか+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。