ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

冷蔵庫はNG? チョコレートをおいしく保存する方法

DATE:
  • ガジェット通信を≫

甘くておいしいチョコレート。冷蔵庫で保存する、という人も多いはず。しかし、冷蔵庫に入れると、場合によってはチョコレート本来のおいしさが損なわれてしまうということをご存じだろうか。

実はチョコレートは、かなりデリケートな食べ物だった!?

「冷蔵庫に入れること自体が悪いというよりは、入れるとき、出して食べるときに工夫が必要です。チョコレートは、温度、湿度、光に弱い。ですので、その点に少し気を遣うとおいしく食べられますよ」と話すのは、森永製菓でチョコレートカテゴリー担当の石黒誠司さん。そこで、冷蔵庫で保存するときのコツを石黒さんに伝授してもらった。湿気、光から守るためにしっかりめに包装する

温度はもちろんだが、湿気や光もチョコレートの天敵。湿気は成分のバランスを崩してしまい、光は油や乳成分を劣化させてしまうそう。この2つをなるべく避けるための工夫が、しっかりめの包装だ。アルミホイルで包み、さらにジップロックなど透過性の低い密封容器に入れよう。光と湿気の両方からチョコレートを守ることができる。また、ジップロックに入れれば、ほかの食品のにおいもつかなくなるので一石二鳥だ。冷蔵庫から出したらすぐに食べず、常温に戻す

包装したチョコレートを冷蔵庫から出したら、常温に戻るまで待とう。チョコレートの口どけは、ココアバターという成分が関係している。このココアバターが溶け出し、口どけの良いチョコレートだと感じられる温度は20度前後。冷たすぎると、口どけの悪い状態なのだ。また、包装したまま待つことで、冷たいところから暖かいところへ出したときにつく水滴からチョコレートを守ることができる。待つ時間を少しでも短くしたい人は、温度設定がやや高めの野菜室に入れるのがオススメ。

ちょっと手間ではあるが、おいしいチョコレートを食べるためならがんばれそう! でも、冷たいチョコレートが好き、という人は常温になるのを待たずにそのまま食べてもいいのだろうか?

「もちろん、冷たさはお好みなのでおまかせします。ただ、チョコレートの口どけは、甘さや香りの感じ方にも影響する重要な要素。一つひとつの商品を常に一番おいしく食べられるバランスで作っているので、正しい保存方法で本来のおいしさを楽しんでもらいたい、というのがメーカーとしての気持ちです」と、石黒さん。

チョコレートは種類によって保存の適温が違うので、商品に書いてある注意書きを確認しよう。特に専門店で購入した場合は、店員さんに確認する方がベターだ。

これから寒くなる季節は、チョコレートの新作が豊富になる時期。ひと手間かけた正しい保存方法で、一番おいしい状態で味わいたい。

(田村里佳+ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP