ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

日比谷公園に長蛇の列! 松本楼の「10円カレー」を食べてきた

DATE:
  • ガジェット通信を≫

突然だが、9月25日は何の日かご存じだろうか? 調べてみると、「介護の日」や「主婦休みの日」などの記念日があるようだが、実は「10円カレーの日」でもあるのだ。

「10円カレーの日」と聞いて、ピンとくる人はどれだけいるだろうか?

「10円カレーの日」は、東京・日比谷公園内にあるレストラン「松本楼」が、10円でカレーを提供する日。同店は、1903年、日比谷公園の誕生と同時にオープンし、今年で創業111周年を迎える老舗レストラン。日露戦争の祝賀会開催や、中国の革命家・孫文が訪れるなど、政治的な施設としてもたびたび利用されてきた。

しかし、1971年に沖縄返還協定反対派の過激グループによる放火で全焼。一時は閉店に追い込まれたが、全国のファンの熱い支援により2年後に再オープン。その感謝の気持ちを込めた記念行事として、「10円カレーチャリティー」が始まったのだ。

今回は実際にイベントに参加してきたので、当日の様子をレポートしよう。

日比谷公園の中央に位置する洋風レストラン「松本楼」

雨にもかかわらず、多くの人が並んでいた

イベント開始は11時。筆者が10時50分ごろに到着したところ、すでに長蛇の列が……。

当日受け取った整理券。整理番号は「962」

整理券を受け取ると、番号は「962」。同イベントは、先着1500名限定なので、ギリギリ間に合ったようだ。

店の前に設置された募金箱

1時間ほど並び、ようやく店の前に到着。入り口に募金箱が設置されているので、そこに寄付金を入れてから店内へ。支払う金額は10円ピッタリではなく、もちろんそれ以上でもOK。ちなみに昨年の平均金額は、144.91円だったそう。

席につくと出される10円カレー。味は甘口だ

席につくと、さっそく10円カレーが目の前に……! 口にしてみると、甘口のビーフカレー。中にはゴロっとした牛肉が入っており、食感が柔らかくうまい。

イベントで集まった寄付金は、全額ユニセフに寄付されるとのこと。おいしいカレーを食べられて、かつ気軽に参加できるこちらのチャリティー。来年も開催予定なので、あなたも参加してみてはいかがだろうか?

(杉山大祐/ノオト)

カテゴリー : 生活・趣味 タグ :
CHINTAI情報局の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP