ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

「位置取りからして日本馬は競馬になってなかった」凱旋門賞のレース後に安藤勝己さんがツイート

DATE: BY:
  • ガジェット通信を≫

10月5日、フランスのロンシャン競馬場にて凱旋門賞が行われた。日本からはハープスター、ジャスタウェイ、ゴールドシップの3頭が参戦したがそれぞれ6着、8着、14着と残念な結果に終わった。
レース後、元ジョッキーで競馬評論家のアンカツこと安藤勝己さん(‏@andokatsumi)は『Twitter』にて



トレヴ強かったわ。他の騎手が進路を譲ったかと思わせるほど完璧な内容。オルフェーヴルが完敗したのにも改めて納得した。正直、位置取りからして日本馬は競馬になってなかった。

とツイート。



ハープスターは距離。一瞬オッと思わせる脚使っとるけど、最後は脚色が鈍った。先行したならともかく、あの位置から仕掛けての結果やから。ジャスタウェイ は内を突くなら、もっと前に行くべきやった。最後までジリジリと伸びとるで、乗り方ひとつで着順上げられた。ゴールドシップは自分でやめとるわ。

と続け、いずれも多くのリツイートを集めていた。

世界最高峰のレースと言われる凱旋門賞。競馬ゲームの『ダービースタリオン』をやっていた方、ひときわ思い入れがあるレースなのではなかろうか。日本馬はこれまでエルコンドルパサー、ナカヤマフェスタ、オルフェーヴルの2着が最高となっている。

※画像は『Twitter』より引用

Takaの記事一覧をみる ▶

記者:

元インターネット雑誌編集者。 2002年よりネットウォッチ系やサブカル系の記事を情報サイトで書いております。 2013年5月よりガジェット通信にて記事を書いております、よろしくです。 e-mail:getnewstaka@gmail.com

ウェブサイト: http://getnews.jp/archives/author/taka

TwitterID: getnews_Taka

  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

記事をシェアしよう!

TOP