ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

Xperiaのブートローダーアンロックで一部のSony機能も無効になることについて、Sony Mobileに改善を求めるオンライン署名活動がChange.orgで開始

DATE:
  • ガジェット通信を≫

Xperia Z シリーズをはじめとした Sony Mobile のスマートフォンでは、ブートローダーをアンロックすると特定の機能が利用できなくなる仕組み(仕様ですね)になっているのですが、そのことに不満を持つユーザーが Sony Mobile に対してそうならないよう改善するよう求めるオンライン署名活動が Change.org で開始されました。Xperia スマートフォン海外モデルのブートローダーは、デフォルトではロックされており、ユーザー責任・メーカー保証の辞退を条件に解除できるようになっています。解除を行うと DRM キーが消去されることは周知のとおりで、Sony 提供のデジタルコンテンツのうち、DRM で保護されたものは視聴不可になるほか、PC Compacnion 軽油のソフトウェアアップデートもできなくなります。ユーザーが不満を持つのは DRM キーの消去とともに、Xperia Z3 シリーズの場合だとカメラでの暗所撮影に関する独自のアルゴリズムや X Reality  エンジンのダイナミックモード、S Force Surround などの一部のSony 独自機能までもが利用できなくなってしまうことです。こうなることも最初からはっきりと書いてあればアンロックする前に検討できるのですが、いつもアンロックが可能になった後に判明しており、アンロックしてしまった場合は取り返しが付かず、そのことについても不満の声が寄せられています。署名活動はまだ始まったばかり。目標の 100 人に対してまだ 13 人しか署名していません。Source : Change.org


(juggly.cn)記事関連リンク
GoogleはProject Araのモニタ / ディスプレイ版を開発中? サイズと形状を自由にカスタマイズできるらしい
年間4台までだったGoogle Playミュージックの利用許可を取り消せる台数の制限が最近解除されたっぽい
Google、インドのスマートフォンユーザーのために読み込み速度を重視した軽量版の検索結果を提供へ

カテゴリー : デジタル・IT タグ :
juggly.cnの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP