ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

海老名香代子さん「夫が亡くなっていなかったら今の私はない」

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 ボツイチ…。60代以上の女性の間で広がりつつあるこの言葉をご存じだろうか。漢字で書いたら“没一”で、「夫に先立たれた経験が1回ある」という意味だ。“バツイチ”という言葉は離婚経験者の肩身の狭さをぬぐいさった感があるが、果たして“ボツイチ”は未亡人の何を変えるのだろう。

 1945年の東京大空襲で戦災孤児となった海老名香代子さん(80才)。父親の知人だった3代目三遊亭金馬師匠に引き取られ、その縁で、先代の故・林家三平師匠と結婚した。

 34年前、46才の時に夫の林家三平師匠をがんで亡くした。

「18才で嫁に来て、夫が生きている間は、家のなかの仕事だけ。だから夫の死の宣告を受けた時には、これからどう生活しようかという思いでいっぱいでした」(海老名さん・以下「」内同)

 しかし、悲しみに浸っている時間も、迷っている時間もなかった。

「闘病生活中、夫には情けない思いをさせたくなかったから、新しいベンツを買って、伊豆のリハビリセンターに通って、そこでほとんどお金を使っちゃったの」

 そんな時、海老名さんに転機が訪れる。テレビ番組『アフタヌーンショー』(テレビ朝日)の身の上相談のコーナーを任されたのだ。

 初の著書、『ことしの牡丹はよい牡丹』(文藝春秋)が37万部のヒット作になると、雑誌の対談コーナーの連載や、講演活動など、仕事が押し寄せた。あっという間に、睡眠時間もままならない売れっ子になった。

 現在もなお全国を飛び回っている海老名さんは言う。

「夫が亡くなっていなかったら全く別の人生になっていたはず。少なくとも、靴を履いて世間に出ていく私は、いなかったでしょう」

※女性セブン2014年7月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
三平母・香葉子氏 嫁・国分佐智子に「特別扱いしませんよ」
国分佐智子 スッピン&地味な服装で海老名家の嫁修業に励む
国分早智子 海老名家の香葉子さん、美どり、泰葉と関係良好

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP