ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

松田哲夫氏のエッセイ出版記念祝賀会に水木しげる夫妻ら登場

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 週刊ポスト本誌で好評連載だった「ニッポン元気印時代」が単行本『縁もたけなわ』(小学館)となって8月末に刊行された。編集者で書評家でもある松田哲夫氏(66)が自らの編集者人生で出会った愉快な面々を綴った交遊録エッセイだが、この出版を記念して9月26日に東京・日比谷で祝賀会が賑々しく開かれた。

 会場は水木しげる夫妻にはじまって、この本に登場する作家、画家、学者などなど200名近くの多士済々の顔ぶれで押し合いへしあい。写真は、水木しげる夫妻を中心に、著者である松田哲夫氏(左)とイラストを担当した南伸坊氏(右)。

 次から次に贈られた祝辞では、あまいのからいの取り混ぜて、終始笑いの絶えない一夜となったのでありました。

撮影■田中麻衣

※週刊ポスト2014年10月17日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
「ゲゲゲの女房」 多忙で余裕ない夫にいたたまれず20m家出
作中で出世や勲章風刺した水木しげる 叙勲の知らせに大喜び
水木しげる 初対面の編集者に「もう殺されますよ」連発した

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP