ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

映画ドラえもん 『のび太の恐竜』だけ短編の原作がある理由

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 シリーズ累計の観客動員数が1億人を突破し、するなど、老若男女問わず愛され続けている映画『ドラえもん』。その第1作は1980年に公開された映画『ドラえもん のび太の恐竜』だった。シンエイ動画の元会長・楠部三吉郎氏は著書『「ドラえもん」への感謝状』(小学館)の中で、原作者の故・藤本弘(藤子・F・不二雄)氏に長編アニメ映画の制作を持ちかけたときの様子を、こう振り返っている。

 * * *
 新宿の事務所に早速出向きました。かくかくしかじか、長編アニメの件を伝えると、先生、快諾すると思いきや、予想に反した答えを返してきたのです。

「楠部くん、僕は短編作家です」

 藤本先生、どこまでも謙虚なのです。ようするに、長編マンガを描いたことがないと、控えめに断ってくる。確かに映画にするには、長編の原作が必要でした。一話読み切りのドラえもんには該当する作品がありません。

「先生、ボクは先生が短編だけの作家だなんて思いません」

 アニメが映画化されるということは、『ドラえもん』がさらに大化けするチャンスです。正直、逃してなるものか、と思いました。先生に懇願しながら、咄嗟に、頭の中であるひとつのマンガが思い浮かびました。

「先生、そうです、ピー助です。ボクは、あのピー助が、白亜紀に行った後、どうなったのか、非常に興味を持っています。あの続きを描いていただけませんか?」

 ピー助──ドラえもんファンならお馴染みでしょうが、短編「のび太の恐竜」(てんとう虫コミックス10巻)で、のび太が掘り出した卵の化石から生まれた恐竜です。

 のび太は、掘り出した化石を、ひみつ道具「タイムふろしき」で、1億年前の状態に戻します。その卵を、パパやママに注意されてもめげずに、自力で温め、なんと孵化に成功するのです。こっそりエサを与え、育てるのですが、大きくなりすぎたピー助をどうにもできなくなってしまう。

「なにもまようことはないんだ。ほんとうにピー助のしあわせをねがうなら、とるべき道はひとつ!」

 のび太は覚悟を決めると、ドラえもんと一緒に、タイムマシンでピー助を白亜紀に送り届ける。懐いているピー助はのび太の後をどこまでもついてきますが、のび太は「だめだったら だめなんだよっ」とあえて強い口調でピー助を遠ざけ、涙ながらに元の時代に戻ってきます。

 このマンガが、なぜか頭の中にずっと残っていたんですね。大好きだったんです、この話が。だから用意していったわけじゃないのに、ふと口をついて出てしまった。

 先生はじっと考えて、やおら大きく頷きました。「……それだったら、描けます」と先生、長編をOKしてくれました。

 そういうわけで、ドラえもんの長編映画は2014年春に、通算34作目が公開されましたが、コミックスの短編の原作があるのは、『ドラえもん のび太の恐竜』だけです。

※楠部三吉郎・著/『「ドラえもん」への感謝状』より


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
通称「のび太」の眼鏡男 CMに妻夫木聡起用であだ名は没収
謎に包まれた「のび太の入学式」が3月11日に明らかになる
米国版ドラえもん タヌキではなくアザラシに間違えられ激怒

カテゴリー : エンタメ タグ :
NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP