ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

滝田栄 修行道場禅師が淹れた煎茶の味で家康の凄さに気づく

DATE:
  • ガジェット通信を≫

 インドで3年にわたる禅修行をし、今では月に一度、座禅とインドの乳粥をいただく会を開いている役者の滝田栄は、今から約30年前にも禅宗の修行道場に住み込んだことがある。徳川家康を演じるための役作りが目的だった修行道場での当時の経験について滝田が語る言葉を、映画史・時代劇研究家の春日太一氏がつづる連載『役者は言葉でてきている』からお届けする。

 * * *
 滝田栄は1983年、NHK大河ドラマ『徳川家康』に主演、戦国時代最後の勝利者となった家康の青年期から晩年までの生涯を演じ切っている。

「大河ドラマはそれまで何本か出てきましたけど、目一杯やれるので参加できるだけで嬉しかった。ただ、主役は歌舞伎の方や劇団トップの方とか血統書付の方がやるもので、僕には縁のない世界だと思っていました。

『内海の輪』というドラマのロケ先に電話がかかってきたんです。『大河の主役をやってほしい。徳川家康です』と。最初はからかわれていると思いました。

 ところが、全精魂すべて傾けてやろうと役作りに入ったのですが、家康という人物が全然分からないんです。その頃は、台本を読めば全てを理解できる、何でも演じられるコンピュータが僕の中に完成されていた。ですから他の役は分かるんです。信長も秀吉も義元も。彼らを演じているエネルギーの質まで、全部見えた。でも、肝心の家康が分からない。『い』の字も分からないんです。かっこ悪くて無様で──」

 そこで滝田は、家康が今川の人質となって暮らしていた静岡の臨済寺を訪ねようと思い立つ。

「『そちらで役作りをさせていただけないでしょうか』と電話したら『ここは禅宗の和尚を養成する、日本でも特に厳しい道場です。修行僧でも逃げ出す寺ですからご遠慮ください』と言われたんです。その時に頭に電気がつきました。『これは本物だ』と。それで改めてお願いしたんです。

『空気を吸う、道を歩くだけでいいんです。空気の味から、足の裏から家康が分かるかもしれない』と。寺に一歩入ったら全く俗界と違う。静寂の世界で空気が澄んでいました。

 竹千代(※少年時代の家康の呼称)の間の隣の一部屋を空けていただき生活をしたのですが、それでも家康は見えてこない。

 寺から逃げようかと思って庭掃除を終えると、玄関に倉内松堂老師という禅師が初めて姿をお見せになられました。『朝から晩までお部屋の電気がついていますが、お勉強は進みましたか?』とニコニコしながら聞いてくださる。『考えれば考えるほど分からなくなって、本当にどこかへ消えてしまおうと思っています』と正直に答えたら、老師が庵に招いて煎茶を淹れてくださったんです。

 一杯目の一滴は甘かった。二杯目は渋い。三杯目は苦い。『随分と味が変わりましたね』と申し上げたら『甘い、渋い、苦い。甘渋苦の三つが揃って人生の味わいなんです』とおっしゃる。

 その時に思いました。家康の人生には甘も渋もない。苦の極みの連続です。それを超えて彼は戦国を終わらせた。常人では耐えられない艱難辛苦を耐えた。それは客観的にはかっこ悪いけど、我慢して一つ一つ超えて、最終的に不幸な時代を終わらせた。その凄さが家康なんだ。格好悪くて何が悪いんだ──。そのことに気づいたんです。

 他の武将には私欲がある。欲望成就のための戦いです。でも、家康は違う。この不幸な時代を終わらせるにはどうすればいいかを考えてきたんですよ」

●春日太一(かすが・たいち)/1977年、東京都生まれ。映画史・時代劇研究家。著書に『天才 勝新太郎』(文春新書)、『仲代達矢が語る日本映画黄金時代』(PHP新書)、『あかんやつら~東映京都撮影所血風録』(文芸春秋刊)ほか。最新刊『なぜ時代劇は滅びるのか』(新潮新書)も発売中。

※週刊ポスト2014年10月10日号


(NEWSポストセブン)記事関連リンク
武田に攻められた徳川家康 信長脅して援軍出させた
「徳川家康は教育パパだった」等歴史上人物の逸話満載した本
57回の戦で無傷の本多忠勝 小刀で手を切った数日後に死去

NEWSポストセブンの記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。

TOP