体験を伝える―『ガジェット通信』の考え方

面白いものを探しにいこう 本物を体験し体感しよう 会いたい人に会いに行こう 見たことのないものを見に行こう そしてそれをやわらかくみんなに伝えよう [→ガジェ通についてもっと詳しく] [→ガジェット通信フロアについて]

Charli XCXインタビュー

charli_main

スカイ・フェレイラ、アジーリア・バンクス、バンクス、エリー・ゴールディング、そして日本のきゃりーぱみゅぱみゅはもちろん、いま注目の個性派女性アーティストが顔を揃えたことでも話題を集めた今年のサマーソニック。なかでも、キュートなルックスと、ポップ&コアなクラブ・サウンドでアイコニックな存在感を放ったのが彼女、チャーリーXCX。

昨年発表されたデビュー・アルバム『トゥルー・ロマンス』で一躍脚光を浴びた彼女だが、直後のアイコナ・ポップとのコラボをきっかけに、本国イギリスのみならずアメリカでも注目度が急上昇。今年リリースされたイギー・アゼリアのシングル「Fancy」にも客演を果たし、全米チャートの1位を獲得した。

そんな彼女の新曲“ブーム・クラップ”が、4曲のリミックスを収録した配信限定のシングルとしてリリース。全米公開の映画『The Fault in Our Stars(さよならを待つふたりのために)』用に書き下ろされたその制作秘話、最近は自身でリミックスも手がける彼女の最新プレイ・リスト、そして日本で撮影されたMVが話題を呼んだ昨年のシングル“スーパー・ラヴ”についてなど、いろいろ訊いた(※ニュー・アルバム『Sucker』の話は、アナウンスがサマーソニック後だったため訊けず、、、残念)。

―去年のシングル“スーパー・ラヴ”のMVは歌舞伎町と横浜で撮影されたものでしたけど、どんな思い出がありますか?

Chali XCX「そうだなあ……日本にはまだ2回しか来たことがないんだけど、すごく親しみを感じるのね。自分の頭の中に、日本と共鳴する部分でもあるんじゃないかっていうくらい。日本で目にするすべてが魔法みたいに思えて、ファッションにしろ音楽にしろ、すごくクールで、しかも文化に歴史があるでしょう? そこがすごく特別だなって」

―けど、歌舞伎町の「ロボットレストラン」はかなり強烈だったんじゃないですか? 

Chali XCX「あれはほんと強烈だった! 衝撃っていうか、ロボットが飛んでる中で、女の子が踊ってたり、女性オーナーもすごくクールだし……あのオーナー、(良い意味で)クレイジーよね(笑)。そこが最高なんだけどね」

charli2 charli4

―で、“スーパー・ラヴ”もそうですが、それと前後する形で発表されたイギー・アゼリアやダニー・ブラウンとのコラボとか、“ブーン・クラップ”とか、去年のアルバム『トゥルー・ロマンス』以降さらに、あなたの音楽の志向がディープになっている印象を受けるのですが。

1 2 3 4次のページ
NeoL/ネオエルの記事一覧をみる
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。
GetNews girl / GetNews boy

オスカー2018年晴れ着撮影会