ガジェット通信

見たことのないものを見に行こう

『仮面ライダードライブ』第1話からファンの心をガッチリキャッチ!ネットには「面白い」の声

DATE:
  • ガジェット通信を≫

※本稿にはテレビ朝日10月5日朝8時放送の『仮面ライダードライブ』第1話「俺の時間はなぜ止まったのか」のネタバレが含まれます。
未視聴の方はご注意ください。

【関連:『仮面ライダードライブ』発表―今度は主人公が車で、敵がバイク】

 毎週日曜朝に放送されている仮面ライダーシリーズ。その最新作『仮面ライダードライブ』が10月5日、ついにスタートした。

 第1話「俺の時間はなぜ止まったのか」では、この世界で起こっている「重加速現象」(通称:どんより)の影響から、人々は混乱。後に「グローバルフリーズ」と名付けられる事件で、主人公・泊進ノ介(竹内涼真)は、目の前で同僚が負傷してしまうという重苦しいエピソードから物語りがスタートした。

 オープニングのクレジットに、スーツアクター「高岩成二」の名が大きく扱われているのに安心を感じつつ、続く本編では放送前から話題になっていた、ミニスカ婦警の詩島霧子(内田理央)の登場にネット上では「かわいい!」という声が溢れた。勿論筆者のハートも一気に加速。途中CMの仮面ライダーグミでは、前作『仮面ライダー鎧武』を思い出しつつ、怒濤のアイテム紹介でCMすら見逃せない状況に。

 前作『仮面ライダー鎧武』の第1話では、変身の時オレンジが降ってきたり、ライダービジュアルも斬新すぎて、視聴者が一瞬「ぽかーん」とする印象が強かったが(でも最終話には「終わらないでー」という気持ちになれたので、あれはあれで良し)、今作では影を背負った主人公に、無表情だけど超かわいいミニスカ婦警、そしてスーパーカーに喋るベルト(ドライブドライバー/声:クリス・ペプラー)と、いろんな要素でファンの心を第1話からガッチリつかみにかかってきた。

 まだ第1話放送直後なので紹介は簡単に、そしてこれ以上詳しく書くのは控えるが、スーパーカーに喋るベルトという場面に、筆者はアメリカの特撮ドラマ『ナイトライダー』を思い出した。
『ナイトライダー』は、民間犯罪捜査員のマイケル・ナイトが、人間の言葉を話す特殊カー『ナイト2000』とともに様々な事件を解決していく物語。日本でも放送され、大人から子供まで爆発的人気を博した。今回は車ではなく、ベルトが喋るため、ちょっと設定は異なるが、同じ印象を抱いた人も多かったのではないだろうか?

 にしても、東映公式サイトで「スタッフのモノ作りのエンジンに完全に火がついた」と紹介されるとおり、スーパーカー「トライドロン」はじめいちいち格好いい。
なお、第1話放送についてネット上での反応は?というと、その時間Twitterでは「タイヤ交換」がトレンド入りするなど、大注目を集めていた。また、「面白い」という評価が多く、それは筆者も同じように感じた。最初からトップギアでファンの心をつかみにかかった本作。間違いなく今後も目が離せない好スタートを切っている。

※画像はテレビ朝日『仮面ライダードライブ』公式サイトのスクリーンショット。

カテゴリー : エンタメ タグ :
おたくま経済新聞の記事一覧をみる ▶
  • 誤字を発見した方はこちらからご連絡ください。
  • ガジェット通信編集部への情報提供はこちらから
  • 記事内の筆者見解は明示のない限りガジェット通信を代表するものではありません。